Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 22日

釣り三昧だった3日間

e0112722_19291528.jpg
先週末は2週間ぶりに山中湖へ。振替休を金曜日に取る事が急遽決まりましたので神流川のハコスチ釣りに行こうと思ったのですが、悪天候の予報でしたので快適に釣りが楽しめるドーム船のワカサギ釣りへ変更。
6時に山中湖へ到着しましたが、とにかく寒い!! 車の外気温計では10℃を表示していましたが、アメダスのデータでは9℃。ダウンジャケットを羽り、つちやボートさんの観翠丸へ。乗船すると暖房ヒーターが稼働しており暖かく快適そのもの。2週間前まではTシャツ姿で釣りをしていた事が嘘のようです。




e0112722_19291518.jpg
平日なので船内は広々。釣り座も広く取ることが出来て快適でしたねぇ。
出船をしてポイントに到着するまでは釣りの準備に専念します。
この日は購入したばかりの新しい穂先“クリスティア ワカサギHG・TYPE-K 32.5SSS”試してみる事にしました。
前情報では水温も17℃まで下がってワカサギも底中心に群れが入るとの事で7.5gのオモリに下鈎を着けて実釣開始です。





e0112722_19291583.jpg
スタートからワカサギのアタリがバンバンでして時速100匹からの好釣果。群れが入る度に鈴なりにニンマリ。
しかし2時間後には時速90匹にダウン。時間の経過とともに渋くなってきました。





e0112722_19291599.jpg
渋くなったらランチタイム!
本日は福島・二本松市の若武者監修のカップ麺「特濃旨辛鶏台湾」。
ピリ辛の旨辛スープが後が引き、ご飯が欲しくなった1杯でございました。





e0112722_19291563.jpg
お腹を満たした後、魚探を見るとワカサギの群れが入ってきました。
ここからが自分の忍耐力が問われる時間となりましたが、途中2度ほど挫折をして一服とトイレ休憩。
その間も名人誘いを有効活用をしまして、釣り座に戻れば釣れちゃっている状況。ランチタイムにも名人誘いを使えば食事を取りながら釣りも継続できますので非常に便利ではありますが、お行儀が悪いと指摘されることもありましたのでオススメは出来ませーん!





e0112722_19291580.jpg
そんなこんなで525匹でフィニッシュ。今季2度目の竿頭いただきました♪





e0112722_19414241.jpg
釣行2日目は釣工房クリークの皆さんとマルキューさんと釣行会にお邪魔させて頂きました。
個人的には初めましてのドーム船、なぎささんへ。なぎさスタッフの尾崎さんは1日で2511匹を釣った山中湖レコード所持者。
観光日和の天候に何か嫌な予感がしますが、今シーズンの山中湖のポテンシャルが違うことに期待をしましょう!





e0112722_19414294.jpg
スリッドの蓋裏には1人1升と書いていまして、電動2丁釣りのスペースが確保されているのが良いですね。
出船してから20分程でポイントへ到着。魚探を見ると薄っすらと魚影が映りますが時間が経つに連れて画面は真っ白に。底に写るワカサギにちょっかいをして拾い釣りをするも長続きせず。やはり観光日和の日は釣れないジンクスは健在のようです。





e0112722_19414295.jpg
ポイント移動をしてからは魚が入るようになってきました。
昨日のような鈴なりはありませんでしたがダブル・トリプルと連掛けをして数を伸ばそうとするも長続きはしません。そこで気になっていました穂先「ヒバラキング2」をお借りいたしまして実際に使って釣りをしてみました。私が使っていますヒバラキングとの違いは、先端のサイトシステムがディアプロ・コブラ用フィルムを使用しているところです。繊細なアタリがレーダーのように捉えるのが特徴でして、今回のような激渋な状況下でも本領を発揮。これから解禁を迎える桧原湖用として物欲が湧いてきた穂先でしたねぇ。





e0112722_19414208.jpg
予報どおりに午後になると怪しい雲が広がり天候が急変。
魚が多く入り出しましたが残念ながら15時帰船の30分早い14:30に早上がりのアナウンス。
151匹で終了となりました。





e0112722_19414298.jpg
釣りを終えた後は甲府まで移動。
ビジネスホテルにチェックインを済ませた後、本日お世話になりました皆さま方と居酒屋で反省会。
楽しくてタメになった時間でございました。





e0112722_20053153.jpg
3日目は「甲府ワカサギフィッシングショー」が開催される上州屋・甲府昭和店へ。
ワカサギ関連メーカーの展示販売会ですが、終始賑わっていました。




e0112722_20062156.jpg




e0112722_20084085.jpg




e0112722_20062139.jpg




e0112722_20063051.jpg




e0112722_20063044.jpg




e0112722_20063015.jpg
会場はワカサギ熱ムンムンで一気にワカサギモード。
テスターのトークショーや仕掛けメーカーのアピール合戦、ジャンケン大会などのイベントもあって
多くの来場者がいらしてました。改めてワカサギ釣りの方が多いと確信もしました。





e0112722_20090587.jpg




e0112722_20094416.jpg
甲府ワカサギフィッシングショー裏方の立役者の北野さん。このイベントに対しての情熱が非常に感じて感銘を受けたことは言うまでもございません。
展示用の生きたワカサギを開催前日に微力ながら協力させていただきました。
北野さんお疲れさまでした!めっちゃ楽しいイベントでしたよん。
甲斐の国での3日間の釣り三昧は私にとって濃厚で有意義な3日間となりました。お会い致しました皆さまには厚く御礼申し上げます。



by oga179 | 2018-10-22 20:30 | Wakasagi


<< 桧原湖解禁合宿・前篇      空中戦 >>