Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 10日

ふくしまワカサギ・ルアーフェスタ

e0112722_19175454.jpg
週末は福島県郡山市で開催されました釣りのイベントへ帰省を兼ねて行って来ました。
某大手釣具店の主催で、福島のワカサギ釣りとルアーに特化したイベントは開催前から意気込みを感じていました。
はたしてどんな感じなのかワクワクしながら埼玉の自宅を出発。北上をすること2時間半で郡山のビックパレットふくしまに到着です。






e0112722_19181170.jpg
会場入りをして真っ先に向かったのはダイワブース。
今シーズン発売予定の新しい穂先とニューカラーの電動リールを確認です。
発売前から評判が良いHGシリーズ。Type-K胴調子はかなり薄く削られている上に。穂先の先端が垂れる程の柔らかさでしたので、現状の穂先よりも感度が良さそうです。



e0112722_19181266.jpg
そして新色マットガンメタカラーのPTⅡプラスを確認。
先週の釣行で1台故障をしてから予備リールの必要性を痛感しましたので、今季は1台購入を決めましてこのカラーを検討していましたが実物を見て即決(w。発売が待ち遠しいです。







e0112722_19181256.jpg
会場にはハンドメイドの電動リールも展示されていましたが、その中で一際目立っていたのはグリップが
何と会津塗。
伝統工芸と融和をされたリールですが美しいですね。







e0112722_19181129.jpg





e0112722_19181105.jpg




e0112722_19181292.jpg
そして個人的に大変お世話になっております釣工房クリークのブースへ。
こちらもハンドメイド穂先なのですが一度使い出してからドハマりまして、既に6本の穂先を所有しています。
テスターの三好君の巧妙な話術にロング穂先・ヒバラキングを2本を購入しちゃいました。
重オモリも対応しているとの事ですので今月の解禁後、連日好調な山中湖で試してみます!







e0112722_19260027.jpg
各社から新しい仕掛けが発表されていましたが今年は金鈎を使った仕掛けが多いような気が。
その中で使ってみたい仕掛けがバリバスブースで発見。
袖と狐のいいとこどりの鈎を開発し、手返しがよく釣りが出来るという願ったりな仕掛け。
かなーり気になるので早く使ってみたいですな。






e0112722_19181230.jpg
そしてワカサギ釣り用のテントも展示されていて、大きさや組み立て方の確認が出来ましたので助かりました。実はソロ用のテントを検討中です。




e0112722_19181241.jpg
イベントでは各社のブース展示以外に抽選会や催しもあって飽きることがありません。
桧原漁協からはワカサギ孵化事業についての説明と、桧原湖で採取したワカサギの甘露煮の試食もありました。甘しょっぱい味付けの甘露煮でしたので1パック購入。もちろん晩酌のアテにしまーす。






e0112722_19181189.jpg




e0112722_19181299.jpg

最後は平久江君のトークショー。
桧原湖攻略の方法や新商品の仕掛けと鈎についての説明があり、じゃんけん大会で締めくくり。
あっという間にイベントは幕を閉じました。
初開催のイベントでしたが県内外からワカサギ釣りに熱いアングラーが3300人以上の方が入場されたそうです。また会場では多くのワカトモメンバーをはじめ、初めてお会いしました方々から、いっぱい刺激を受けました。
遠路遙々、郡山まで行って良かった!!
会場でお会いしました皆さま、大変お世話になりました。11月から始まる桧原湖でお会い出来たら光栄です!












by oga179 | 2018-09-10 14:30 | Wakasagi


<< 厳しい釣りの予感と裏腹に・・・      2018~2019ワカサギ釣り開幕 >>