Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 29日

平林寺の紅葉

e0112722_1923365.jpg
11月も下旬となり、師走はすぐそこまで迫って来ました。今週は週初めから急激に肌寒く冷たい雨が降り続いておりますが唯一、晴天に恵まれた木曜日の午後、自宅近くの平林寺3年ぶりに行ってきました。
今回はまだ行った事がないという嫁と家からウオーキングで向ったのですが陽気にも恵まれて、気持ちの良いハイキングと紅葉狩り日和となりました。入山料¥500を入口で支払い、正面門をくぐった時から赤や黄色の世界が広がります。

More
[PR]

by oga179 | 2014-11-29 18:45 | Local
2014年 11月 25日

EOS 7D MarkⅡ

e0112722_22593838.jpg
この都度“EOS 7D MarkⅡ”を手に入れました。10月30日の発売以降、家電量販店どころかカメラ専門店の店頭にも在庫はなく、予約をしても最低1~2ヶ月待ちは覚悟しなければいけない程の人気ぶりは聞いておりましたが、たまたま立ち寄った池袋の某カメラ店で発見してしまい、即買いした次第でございます。
初代“EOS 7D ”を購入したのは、ちょうど3年前の11月。以前所有していたEOS 40Dを購入したのも10月でしたら、発売日を9~11月に設定するC社の思惑にまんまと引っ掛かっているとしか思えません(w。

More
[PR]

by oga179 | 2014-11-25 11:31 | Photo
2014年 11月 20日

リベンジ

e0112722_2053296.jpg
今回こそは絶対に釣りするよ!!

その思いが日々強まりつつあった今週始め、先週に引き続き柳瀬川へ。しかしながらアユ釣りのオジサンたちは相変わらず多いこと・・・。晩秋の時期になっても、これだけの多くの釣り人がアユを釣っている光景はいまだかつて見た事がありません。そんな状況でしたがオジサンたちの横をスルスルと抜け、コイが付きやすいポイントまで川づたいに向います。ヨサゲなポイントに差し掛かる直前は、持参している食パンを2つ3つに千切って流れに放り込み、流れ落ちるチャムを目で追いかけるとコイたちが我が先と言わんばかりの猛突進。
これでコイが水面を意識している事を確認。今度はボクのパンフライをチャムが流れたように送り込んでみます。
すると・・・

More
[PR]

by oga179 | 2014-11-20 02:55 | FlyFishing
2014年 11月 16日

2014 “フライdeコイ”開幕の筈でしたが・・・

e0112722_16365742.jpg
オフシーズンの楽しみであるコイ釣りの季節がやって来ました!
さっそく自宅近くの柳瀬川へ向かい、中流域から上流まで移動しながらのコイたちの行動をウオッチング。
チャムに使うの食パンを流しながら反応するコイを探しましたが、まだ水温が高いようなのでチャムを追うコイは少なかったですが皆無ではありませんので、やる気のあるコイを探しながらのランガン的な釣りがベスト。
早速、ロッドを手に再び川へ向かったのですが・・・

More
[PR]

by oga179 | 2014-11-16 00:45 | FlyFishing
2014年 11月 07日

紅葉下の虹鱒釣り

e0112722_2230789.jpg
午前8:00、気温は4℃まで下がった上野村。
朝露に濡れたモミジは、すっかり赤色に染まっていて何とも美しいこと。季節の移り変わりを目で楽しめる事に日本人で良かったのシミジミと思いつつも、この日は今季一番の寒さになった事もあってか、凍えるような寒さも体感する事ができました(w

More
[PR]

by oga179 | 2014-11-07 20:10 | 神流川
2014年 11月 01日

寫樂と會津の居酒屋

e0112722_20305266.jpg
今回は久しぶりに酒ネタです(w
それまでは下戸に近い私でしたが、社会人1年生の時に連日繰り広げられる宴で諸先輩たちからのお酌が大量に回って来る中、どーしても呑めない私には毎回ノルマがありました。始めは小さなお猪口からのスタートでしたが、徐々にハードルが高くなりコップ→中ジョッキ→大ジョッキ→ピッチャー→ラーメン丼の順で、並々に注がれた酒を呑まされた若き日がございました。あれから20数年の月日が経った今、養命酒以外は何でも呑めるようになってしまいました。
その中でも日本酒を好んでおりまして、全国各地の地酒を楽しむのが至福を感じさせてくれます。釣りで行った旅先でも当然、その地域の郷土料理や名物とともに地酒を呑む事も旅の醍醐味と考え、釣り+αも楽しむようにしております。その中でも自宅にも何本か必ずストックしてあるのが会津の地酒。酒蔵も多く、銘柄も沢山ありますから気分によって銘柄を変えながらチビチビとやってます。ここ最近は「寫樂」の純米酒が気に入っていて愛飲してますが、先日開催されたSAKE COMPETITIONという、日本一美味しい市販酒が決まるきき酒イベントにて純米酒部門で1位を受賞されました。なんだか此方までもが嬉しくなり、その夜は寫樂で晩酌を楽しませていただきました。

More
[PR]

by oga179 | 2014-11-01 02:02 |