<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

夏の終わり

e0112722_1049999.jpg
下仁田から上野村へ向かう県道を走ること30分。長いトンネルを抜けると青空が広がってました。
道沿いの電光掲示板には20℃の表示。見間違いかと思って車の窓を全開にすると、ヒンヤリとした山風が車内へ。その風が何処となく秋風を感じさせます。
早くも8月は今日でおしまい。そして今年の渓流もファイナルとなってしまいました。
「もしかすると上野村で今年最後の釣りになるかも知れない・・・」
職業柄で不定休な事に加え、この季節は天候不順になりやすい。なので1回1回の釣行が大切なのです。
そんな気持ちを抱きながら“本谷毛ばり釣り専用区”へ向かいました。

More
[PR]

by oga179 | 2011-08-31 04:45 | 神流川 | Comments(2)
2011年 08月 28日

鬼才が創るフライ

e0112722_14432355.jpg
先月、とあるイベントにて島崎憲司郎さんとお会いする事がありました。
島崎さんにお会いするのは何年ぶりになるのだろう?
以前は自宅兼スタジオの御宅にお邪魔させていただいた時には目から鱗ばかり。鬼才・島崎さんの斬新なアイデアには躊躇してしまう事も多々ありました。
久しぶりにお会いし、氏がタイイングされた新作フライの一部を見せて頂きました。
シルエットや空気抵抗、浮力などを精密に計算されたフライは生唾ゴックンもの。
「このフライを使えばいい釣りになるかも・・・」
淡い想い(妄想)を抱きながらモンカゲロウの季節、このフライを真似たフライを巻いて試してみようと思った次第です。
[PR]

by oga179 | 2011-08-28 12:18 | FlyFishing | Comments(2)
2011年 08月 25日

“下仁田カツ丼”再び

e0112722_18523591.jpg
昨年来、久しぶりに下仁田カツ丼を食べてきました。
今回も上野村での釣りを楽しんんできた帰路の道中、ランチ抜きで腹ヘリ度数も急上昇。
家に戻れば晩飯タイムだと言うのにも関わらず、腹はグーグー鳴りっぱなし。運転していても自然と食べ物関係の看板を見てしまいます(苦笑)
南牧から下仁田に入って直ぐ、今年設置されたと思われる下仁田カツ丼の看板がボクに留めを。
久しぶりに“きよしや食堂”へ行ってみると準備中の札が、店入口にぶら下がっているし~。
仕方なく駅に向かい、そこで貰ったカツ丼マップを見ようとすると目の前に“名物 下仁田カツ丼”と書かれた幟が目に。まだ食べた事がない店でしたので興味津津。
腹鳴りも激しいのでエイっ!て入ったのが“レストラン・ヒロ”という洋食屋さん。
同名の店が上野村にもありますが、何か関係があるのかどうかは不明です。(ちなみに上野村のお店には何度もお邪魔しておりますが、パスタが最高です!)
メニューを見ると浮気しそうな魅力ある料理がありましたが、ここは誰が何と言おうとカツ丼なのだ!

More
[PR]

by oga179 | 2011-08-25 23:01 | 美味しいもの | Comments(2)
2011年 08月 21日

Policy

e0112722_1458462.jpg
ボクのフィッシングスタイルで欠かせない事が2つあります。
ひとつは訪れた渓近くで食事をする事。二つ目は温泉に入る事です。
とは言っても両方を満たす所が全てという訳でははありませんので、その場合は何れかという事としてます。
先々週に行った会津北部の山岳渓流ではメジロアブの猛襲で散々な目にあった事は、このブログでも報告したばかり。80ヶ所近くあったアブによる刺され痕も、頻繁にキンカンを塗り続けた事でほぼ完治致しました!

その釣りの帰りに温泉へ直行です。
もう全身汗だく状態。着ていたTシャツを絞ると汗が大量に出てきます。もう気持ち悪いったらありゃしません。急いで浴場へ向かい、お待ちかねの入浴タイム。すると浴場は一面ガラス張り。山々に囲まれた温泉は解放感たっぷりだが、湯は熱めでした。
景色を楽しみながら翌日襲う筋肉痛を緩和する為に、足腰のマッサージは大切。しかしながら夏日のでは、風呂好きのボクも長風呂は無理。今日のような肌寒い日は、温泉へ行きたくなりますなぁ。
入浴時間10分未満で消化不良気味。来月末にでも忘れ物を回収がてらに再訪しようかと思っております。

More
[PR]

by oga179 | 2011-08-21 20:48 | Spa | Comments(6)
2011年 08月 17日

真夏の田園風景

e0112722_10592270.jpg
スカイブルーの空の下、広大な田園が広がる南会津。
不動の地位 である“魚沼コシヒカリ”に次ぐ、会津はブランド米の産地。
コメが美味いという事は、酒も美味いのです!
我が家で消費されるは南会津をはじめとした会津の地酒ばかり。
正直言いますと、会津へ釣りに行く際は仕入れも兼ねてまーす(笑)

More
[PR]

by oga179 | 2011-08-17 11:04 | Love TOHOKU | Comments(6)
2011年 08月 15日

「第12回 神流川C&Rフォーラム」開催します!

e0112722_22471950.jpg
早いもので今年の禁漁まで1ヶ月と少し。お盆を過ぎると時が猛スピードで過ぎていく感じがします。
ラストチャンスの9月、今年も恒例のイベント『神流川C&Rフォーラム』が、来る9月10〜11日の2日間開催されます。
里見栄正さんの“実践渓流フライフィッシング教室”や、佐藤成史さんによる“デジタルフォト教室”といったスクールの他、今回はフライフィッシングの経験が皆無の方や、始めたばかりの方を対象とした体験型スクールも開催しまーす。
いづれのスクール参加費は無料。つまり・・・タダって事です(笑)
ただし人数に制限がありますので事前申し込みが必要となります。
また10日夜の懇親パーティーの席にて“東日本大震災チャリティーオークション”を、開催したいと思います。
例年のフォーラムとは少し変わりますが、楽しく賑やかなスタンスはいつものまま!
詳しくは上野村漁協のホームページを御覧下さい。
[PR]

by oga179 | 2011-08-15 18:19 | 神流川
2011年 08月 13日

残暑お見舞い申しあげます

e0112722_131838.jpg
先月の台風6号以降、急に秋の訪れを感じるような涼しい日々が続いていたかと思いきや、再び猛暑の日々が続くようになってしまいました。
こう暑いとヤル気もおきませんが、そんな事を言っている暇もなく鞭を打ちながら仕事や雑用を熟す日々を送っております。だからこそ休日の釣りがとても嬉しく、気持ちも晴れるってものではないでしょうか。
かと言って炎天下の下での運動は予想以上の体力と水分を消耗します。
栄養と水分、そして睡眠はしっかり取って灼熱地獄の夏を乗り切りましょう!

More
[PR]

by oga179 | 2011-08-13 11:43 | etc... | Comments(2)
2011年 08月 11日

Mountain stream war in summer

e0112722_21444824.jpg
無数に腫れ上がるボクの両腕。
それは腕ばかりではなく、首や顔にも腫れが点在しています。これがただ腫れているだけではなく、とてつもない痒さが伴っています。
この腫れ、何が原因か御存知でしょうか?答えは“アブ”に刺されたのが原因です。
ちなみに変な病気だろうと思ったアナタ!くれぐれも御間違いないようにお願いしますよ(笑)
今だから笑っていられますが、何と数百匹に及ぶメジロアブの大群に攻撃を喰らったのです。
始めは数匹程度のアブがまとわりついていたのですが、無視をして釣り上がっていました。ところがチクッ!とした痛みで叩き払ったのが、アブへ襲撃信号を放ってしまったのかも知れません。仕舞には全身アブだらけ!
鼻や耳の中に、偏向サングラスの裏側へも潜り込んでくるシブとさに降参。谿深い山岳渓流ですから入渓口まで急ぎ足で下りますが容赦なくアブの攻撃は続き、後で自分で確認出来る刺された箇所を数えてみると78箇所。これがスズメバチでしたら間違いなく三途の川行きです。
「刺される」というよりも「喰われる」と言った方が正解かも知れません。そう言えばボクの故郷・福島では“蚊に刺された”とは言いません。
「蚊に喰われた」と言います!
今に思えば、これは蚊ではなくアブに刺された事の表現が拡大講釈されたのかも知れませんね?

More
[PR]

by oga179 | 2011-08-11 23:00 | FlyFishing | Comments(8)
2011年 08月 06日

痛いっ!

e0112722_1151143.jpg
自宅近くにある公園の一角に、こんな標識が立ってあります。
見ての通りなのですが、この日もルールなんて関係ない!みたいな、御年輩の御方がアイアン数本を手に公園内でガンガン打っていました。近くには夏休みの楽しむ子供たちが多数いるっていうのに・・・。
公園横には川が流れていまして、オフになるとフライロッドを手にして鯉釣りに夢中になるポイントのひとつでもあります。しかしながら過去にゴルフボールが何度も飛んできた事もあって、危険を感じてはいましたが、年明けの1月に釣りをしていたボクの背中にボールが命中。
痛みも然ることながら、怒りの方が納まりません。とっさに土手を登ってゴルファーに文句でも言ったろう!!と駆け上るも、打った当事者がボクも見るなり速攻で逃げたのには愚かさを感じたものです。
ぱっと見ではありましたが、遥かにボクより年上。50代後半ぐらいかな。
残された無数のボール。悪戯を感じるなら謝ればいいのにねぇ。
間違っても釣りで、このような標識や看板が立てられないようにしなくてはいけませんぞ!!

来週は2週間ぶりに渓へ向かう予定ですが、天候が気になるところです。
[PR]

by oga179 | 2011-08-06 23:11 | etc... | Comments(2)