Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 27日

いよいよ開催です!

e0112722_1482441.jpg
この週末は年に1度のお祭り『第9回 神流川C&Rフォーラム』が、“群馬のチベット”と呼ばれる上野村を流れる神流川などで開催されます。
今年はC&R区間を設定してから10年目という節目の年という事で、2日目の31日には上野村役場内の会議室で基調講演とパネルディスカッションを行います。
参加費は無料ですが、30日に釣りをされる方は別途遊漁料が必要となります。
実費のみで参加できますので、お時間がございましたら遊びにいらして下さい!
イベントに関する詳細は、上野村漁協ホームページをご覧下さいませ。

ワイルドな本谷ヤマメやイワナも皆さんのお越しをお待ちしておりますよ。
ちなみに本日代休日で仕事は休みではありますが、イベントの最終確認作業があるため釣りには行けません(泣) いつになったら行けるのかなぁ。
ともあれ準備作業続けるとしますが…

お、お腹が空いてきたんだな…
[PR]

by oga179 | 2008-08-27 14:09 | 神流川 | Comments(12)
2008年 08月 24日

Wet Fly

e0112722_15561055.jpg
久しぶりにウエットフライ専用のフライボックスを取り出して開けてみました。
するとボックスの中はスカスカ。おまけに錆も出ているフライもあって、新しいフライのフックまで錆が移ってしまっている最悪の状況でした。
薄らと埃が被っていたウエットボックス。この数年間、出番が皆無に等しいぐらいでした。一時は本流に棲む大ヤマメや大イワナを追い求めてパワーウエットにハマったというのに…。


e0112722_15564418.jpg
やっぱりウエットフライはぎっしり詰まっているボックスの方が見栄えもいい。
いや…これはこのボックスを使っているから、そう思えてしまうのかな?
開けたら最後でした。フライを巻く時間など無い現状だというのに、ついつい
補充を兼ねてウエットフライを巻いてみた。パターンは当時頻繁に使っていたものばかり。よって最新パターンなど巻けないどころか全く知りません。
集中して一気に巻いてみましたが、どうにもこうにも格好が悪いフライが完成してしまいました。
“ここは御愛嬌”と、苦笑いする自分に言い聞かせてはみるものの何処か納得がいかないもの。やはり長い間、この手のパターンを巻いていないと当然ながら下手っぴになっていました。



e0112722_15574760.jpg
ここ数日ですが秋を感じさせる陽気になってきました。
本流もそろそろ一発ドッカーンの季節♪ 昔の自分ならワクワクしながら立ちこんでいたなぁ。と、当時の釣りを思い出していました。
とにかく今は何がなんでも釣りに行きたーい!と、心が叫びまくっております。
[PR]

by oga179 | 2008-08-24 16:02 | FlyFishing | Comments(12)
2008年 08月 22日

中年パワー爆発だ!

e0112722_0224790.jpg
8月も後半に入りました。
日中こそ残暑が厳しい毎日ではありますが、夜となれば秋を感じさせる風が吹き出した都内。
今年の渓流釣りシーズンも、カウントダウンがされ始めた矢先、中年フライフィッシャーの面々が神保町に集結。秋田は“比内地鶏”専門店で軽く暑気払いのつもりで集まりましたが…

まさかの展開に!
[PR]

by oga179 | 2008-08-22 00:43 | | Comments(14)
2008年 08月 19日

蕎麦屋での誘惑

e0112722_21435656.jpg
今夜は仕事帰りに寄った地元練馬にある1件の蕎麦屋で晩飯を食べる。
「貧乏暇無し」と、昔からよく聞く言葉。それが今のボクにピッタリな程、当てはまる言葉でもある。
歳のせいなのだろうか。はたまた陽気のせいなのか。ここ最近は夏バテになった模様で、ただでさえ回転が悪い頭がいっそう悪くなっている。おまけに怠さが連日残る。流石に自炊までする気力がない。そこで蕎麦屋に向かった訳だった。




e0112722_21443449.jpg
とりあえずは目当ての“もりそば”でもススって帰ろうと暖簾くぐる。
店のドアを開けると同時に「いらっしゃいませ〜」と、若い女性の店員さんが“お冷や”と“おしぼり”をテーブルに置き、ボクの注文を待っている。
お品書きを開くとスグに「おすすめの地酒」と書かれた紙が表れた。
銘柄をみると越後の酒の名が3種類書かれてある。
ここで自分と別世界の方と相談だ。

俺:「どーする?呑んじゃう?」
天の声:「今日は蕎麦食べたら早く寝た方がいいよ!」
悪魔の声:「珍しい酒があるじゃん!呑んじゃえ 呑んじゃえ♪」

3者の会談は、瞬時に終わった。

やっぱりね…
[PR]

by oga179 | 2008-08-19 21:56 | 蕎麦 | Comments(6)
2008年 08月 17日

蝉時雨の森の奥には…

e0112722_19452657.jpg
土曜の昼時、野暮用があって隣街へ行っておりました。
用事は数十分で終え、このまま帰路へ着こうと思ったのですが「たまにはドライブでも…」と、市内をプチドライブ。原油価格高騰でガソリン高の現状を考えるとドライブは贅沢な楽しみなのかも知れません。
3〜4km程進んだ所に歴史深い用水路が流れています。一度は通過したものの、じっくりと見た事はありませんでしたので、ここぞとばかりにUターン。
車を降りて強い日差しが照りつける中、用水路が流れる武蔵野の森へ入ってみました。するとどうでしょう。案外涼しく感じるのです。大小様々なミンミン蝉の大合唱をBGMに森の奥へ進むと、強い日差しが照りつけながら突然開けてきました。

続きはこちら…
[PR]

by oga179 | 2008-08-17 19:54 | Nature | Comments(8)
2008年 08月 13日

お盆の思い出

e0112722_14191355.jpg
今日からお盆休みに入られた方々も多いと思います。
残念ながら今年も休みなし!よっていつもと変わらず仕事に精を出しております。しかし考えてみると、お盆に帰省しなくなってから20年近くが経っています。それまではごく普通にお盆休み(夏休み)を過ごしておりましたが…。

物心ついた時から決まって盆になると、母の実家がある会津へ行くのがお決まりコースでした。そして今でもそれは続いている様なのですが、社会人になってからはというものの全く顔を出す事が出来ず、毎年この時期になると心苦しく感じております。
そんな生活を続けて長い月日が経ってしまったのですが、数年前に伯母さんが他界した際、葬儀の場では身内は元より親戚一同からも冷たい視線が僕に放たれています。これがまた結構辛い!とどめはお坊さんに説教をくらう事もありました。好んで帰省していない訳では無いのに…

お盆というと決まって子供の頃に楽しんだ思い出が蘇ってきます。
明け方早くから婆ちゃんに起こされ、寝ぼけながら迎え火を焚いて御先祖様を迎える準備。それが連日行われるのですが結構辛かったのですが、何日かすると婆ちゃんが畑からトウモロコシをもいで来て、迎え火で焼きトウモロコシを作ってくれました。これが絶品と断言できるほど美味でして、翌朝からはコレ目的で迎え火も苦どころか楽しみになってしまった程でした。
日中は近くを流れる川に行き、川遊びを堪能。ヤスを片手に素潜りでアユを採るのが本当に面白かった。しかし流れが早く深い淵に潜った時、溺れそうになって危ない目にも。幸い下流に流された後、岸近くまで辿り着く事ができましたが、あの時の恐怖は半端じゃない程ビビリましたなぁ。


e0112722_14225011.jpg青ざめた顔色をして帰宅し、婆ちゃんにその事を伝えると酷く叱られました。
「お盆に生き物を殺してはいけない。殺生なんだよ!」と言われたなぁ。それからお盆中の釣りは当然禁止! 黙って他の遊びに…な〜んて出来る事は出来ませんでした。こっそりと釣り竿を片手に川へダッシュ!それも真夏の日中に。今考えると一番釣れない時間帯なのに平気で行っていたものです。
夕方になると盆踊り会場へ。木製の櫓の周りを円で囲む様に、老人会の婆ちゃん軍団がここぞとばかりに、おめかしをして踊っていました。そしてその踊りを眺めながらオヤジたちは一升瓶片手に呑みまくり…。僕たち子供等は巨大なヤカンに沢山の氷が入って、ギンギンに冷えたカルピスを飲みまくっていたなぁ。そう言えば田舎に住む友人からのメールでは、盆踊りが無くなった所もあるとの事。理由は多々あるようですが、何でも少子高齢化に加えて過疎化が主な理由だそうです。
まさか日本が抱えている問題で盆踊り中止に追い込まれるとは考えもつきませんでした。
今年は無理ですが来年以降、櫓の前に立って童心の頃の気持ちに戻りつつ、一升瓶片手にコップ酒…ぜひ実行してみたいなぁ。

自宅近くにあるお寺さんの前に掲げた「ご先祖様にありがとう。お盆は家族で過ごす感謝の日」。そして「不殺生」と書かれたポスターを見て、しみじみと想う午後でありました。
[PR]

by oga179 | 2008-08-13 14:32 | etc... | Comments(2)
2008年 08月 10日

我流猛暑対策

e0112722_1056577.jpg
暑っ!
今年の夏は暑過ぎです。暦の上では秋の始まりなのですが、そんな感じが一切ありません。我が家のクーラーは目下フル稼働中ですが、来月の電気使用料に今からビビっている今日、少しでも省エネを心掛ける為に音で涼しさを!と、風鈴を購入してみたのですが、先週初めに降った“都市型集中豪雨”の影響で短冊が切れてしまいました。
何かいい代用品はないかな?と、部屋を見渡す。するとピッタリな物を発見。
写真を見てお判りかと思いますが、使い終えた遊漁券を利用してみました。
なかでもU漁協が発行している券は濡れても切れ難い様、コーティングがされているのでバッチグー。
見た目は少々味気ない感じではありますが、風鈴から聞こえる音色で少しは涼し気感に加えて心も癒されます。

次は体へチャージ!

e0112722_10575738.jpg
最近仕事をしていると目がチカチカとしてくる様になってきました。酷い時には眩む事も。どうやらスタミナ切れが生じて来ている模様です。
と、いう事でスタミナ料理を食する為に灼熱地獄の中…学生の街“江古田”へ。暑さで止まらない汗を拭いながら目的の店まで向かいます。
今年になって何度か食べているこの丼の名はズバリ「すた丼」
スタミナ丼を略したと思われる丼で、とてつもないボリュームなのです。
とにかく丼いっぱい御飯が入り、その上にキザミ海苔が。そしてニンニク醤油ベースのタレで焼かれた豚肉がドーンと盛られ、卵の黄身を混ぜていただきます。とにかく口の中へかき込み、よく噛む。その繰り返しを黙って続ける。これで並盛りなのですが、某牛丼チェーン店に例えると大盛りに半ライスを足した量ぐらいはあると思います。食べ終えても半日は満腹感が取れない燃費の良いドンブリです(笑)


e0112722_1126431.jpg
パンパンに膨れたお腹を摩りながらテレビの前でザッピングをしていると、渓流の映像が表れて見入ってしまいました。テロップも「ヤマメの楽園」。
番組は写真家 津留崎健さんが故郷の渓を訪れ、撮影をするというもの。番組途中から拝見しましたが、渓谷美の映像と写真に癒されました。そしてムラムラと釣りに行きたくなってしまう。
ハイジが山へ帰りたくなる気持ちがよ〜く解ります(苦笑)
[PR]

by oga179 | 2008-08-10 10:58 | 美味しいもの | Comments(8)
2008年 08月 08日

ド派手なケムンパス

e0112722_0332174.jpg
誰?こんな所にウーリーバガーを捨てたのは!

パッと見、心ない方が捨てたフライだと思ってしまっていました。しかし再び見直してみるとフライではなく本物の毛虫。どおりでリアルな筈です。

夏の本谷で見かけたジュリアナ風ケムンパス君でした。
[PR]

by oga179 | 2008-08-08 00:35 | Nature | Comments(6)
2008年 08月 05日

気になっていたイワナ丼

e0112722_20131617.jpg
普段釣りでは大変お世話になっている渓魚のイワナちゃん。
そのイワナを使った丼が上野村にあり、行けばほぼ100%立ち寄る温泉「しおじの湯」で食べる事できます。
しかしココで食事を取るとなると決まって“天婦羅そば”ばかり。たまには他の物も試してみようかな?な〜んて、昨年から思い続けていたのですが先週末、ようやく実行に移したのがこの丼です。



e0112722_2062134.jpg
やはり普通よりは盛りが良かったです(笑)
イワナを3枚にし、蒲焼き風に。そしてトッピングには揚げたての天婦羅(舞茸・ししとう・いんげん)が付いており、そこへ地場産の一味唐辛子をこれでもか!というぐらいに掛けて美味しくいただきました。
ちなみに油鰭も健在でした(笑)

食べながらお品書きを見ていると不思議なメニューを発見!

続きはこちら…
[PR]

by oga179 | 2008-08-05 20:09 | 美味しいもの | Comments(10)
2008年 08月 03日

Slow Fishing

e0112722_15153839.jpg
前日は組閣報道の為、朝っぱらから職場はてんやわんや。
ただでさえ週末は“華の金曜日”という言葉には関係のない仕事をしている為、金曜の晩にはじける事は本当に少ない。本当ならばこの晩、地元で飲み会が予定されていたのに…。
終電で帰宅し、そそくさの釣りの準備を済ませて2時間程仮眠をとった。怠さが残る身体を引きずりながら熱いシャワーで眠気を取り払う。とにかく眠気よりもストレスが重くのしかかっている方が辛かった。これを解消するには大好きな渓に立つ事しか考えられません。

月始の土曜日だというのに、この日の本谷は僕以外の予約者がいなかった。
ある意味ラッキー!かも知れませんが、今日は癒しの釣りを求めて来たのだ。
タックルもいつもとは全く異なる。「とにかくのんびりと…」
そういう思いからグラファイトからバンブーロッドをチョイス。ベストも夏仕様のタックルバックにし、テレストリアルパターンだけの大きめのフライボックス1つとコンデジを持って繰り出した。軽装な上、持ち物が格段に少ない分身軽で快適です。

続きはこちら…
[PR]

by oga179 | 2008-08-03 15:23 | 神流川 | Comments(12)