Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

陸奥・会津へ

e0112722_13423449.jpg
写真は、会津地方の郷土食しんごろうです。しんごろうは秋田名物“きりたんぽ”に近い食べ物ですが、その形状や食べ方が異なります。お米をおむすび大にし、そこに太めの竹串に刺して楕円形に延ばします軽く表面を焼いた後、“じゅうねん”という木の実を擦つぶした甘味噌ダレをつけ絵炭火でじっくりゆっくり焼いていきます。味は味噌自体が甘めなので甘口ですが、じゅうねんの香りが食欲を進めます。
このしんごろう、母が会津出身。僕も会津若松生まれという事もあり、幼い時によくおやつで食べておりました。

続きはこちら
[PR]

by oga179 | 2007-05-31 13:35 | FlyFishing | Comments(6)
2007年 05月 30日

さて…どちらを使おうかな?

e0112722_049208.jpg
“アダムス”。それはシンプルながらも良く出来たスタンダードフライパターンのひとつ。愛鉤にされている方も多いと思いますが、私もアダムスはパイロットフライでもありシーズン中には何度もお世話になっている1本です。
そんなアダムスを巻こうといざバイス前に座り、ダビング行程に入る時、“フライライト”か“スーパーファイン・ダビング”のどちらにするか迷ってしまいます。(最近はナチュラル・ファーを使う事がかなり減っているなぁ。)
パッケージの中に入っている2種類のファーを見るとまったく異なるカラー。しかし表記はどちらも“アダムス・グレー”。
これは個々の好みになってしまうと思うのですが、皆さんはどちらを選びますか?

e0112722_0525743.jpg
写真の左がフライライトを。右側はスーパーファイン・ダビングを使って実際に巻いてみるとこんな感じです。写真では判りにくいと思いますが違いが判りますでしょうか。
結果的にはどちらも甲乙つけ難いので、ふたつのファーで巻いて使いわけてます。
[PR]

by oga179 | 2007-05-30 00:55 | FlyFishing | Comments(4)
2007年 05月 28日

「第3回男鹿川C&R区間河川清掃開催」のお知らせ

e0112722_19531828.jpg
毎年4月に行われていました栃木県北部を流れる男鹿川C&R区間にて、今年も河川清掃を行う事になりました。また通常漁協の方々が行っているヤマメ・イワナの放流作業も同時に行われるそうです。是非お時間のある方や興味のある方がいらっしゃいましたら体験されてみませんか?
もちろん僕も顔を出しまーす!
詳しくは下記を御覧下さい。

日時:平成19年6月3日(日)午前10時〜。雨天決行(大雨等悪天候の場合は延期します)
集合場所;川治温泉「山味亭こうわ」前に午前9時45分集合。駐車場は「山味亭こうわ」さん対岸の消防署横に広いスペースがあります。作業終了後、消防署上流の広場にて懇親会があります。
放流作業は午後から夕方にかけての時間になりますので、それまでの時間は各自釣りをお楽しみ下さい。

主催:おじか・きぬ漁業協同組合川治支部/セクシ−トラウト
準備する物:軍手、ウェダ−(長靴)。
※ゴミ袋、集めたゴミの処理等は漁協さんにお願いしてあります
※ゴミ拾い作業はC&R区間といたします。清掃箇所は基本的には河原に落ちているゴミが中心となりますが、川の中にあるゴミも可能であれば拾います。ただし、危険を伴う行為は厳禁です。

●参加希望の方はこちらまで(y-nishizawa@dab.hi-ho.ne.jp)連絡ください。
[PR]

by oga179 | 2007-05-28 20:04 | FlyFishing | Comments(8)
2007年 05月 28日

上野村でフライフィッシング消耗品販売開始

e0112722_19213072.jpg
上野村漁協が運営しております「上野村ふれあい館」にてリーダーやティペット、フロータントといったフライフィッシングの消耗品販売を始めました。
兼ねてから“C&R区間”や“本谷毛ばり釣り専用区”などを訪れるフライフィッシャーから「リーダーやティペットは置いてないか?」と、問い合わせや要望がありました。しかし現代の流通経済事情とは異なる壁があり断念していましたが、flux長島氏の御協力により販売をする運びとなりました。

e0112722_1925624.jpg
よくよく考えてみますとフィールドの近くでフライフィッシング用品の販売を行っている所は多少ながらありますが、全国津々浦々ある内水面漁協の中でも初の試みではないかと思います。
釣り場に着き、ティペットを引き出そうとした時…少ししか残っていなかった!な〜んて言う時も泣く泣く家路に戻らなくても済みます。
しかし販売は「上野村ふれあい館」の営業時間帯のみとなります。
[PR]

by oga179 | 2007-05-28 19:33 | 神流川 | Comments(6)
2007年 05月 27日

渇水気味の“本谷毛ばり釣り専用区”+α

e0112722_1381718.jpg
先週に引き続き上野村に行ってきました。本当は先週、新名称がこの程決まりました「本谷毛ばり釣り専用区」で釣りを考えてましたが、ここのところ本谷ブームが起きているのか週末や平日の一部では予約でいっぱいと言う事も多くなってきました。先週も漁協に立ち寄った際、「釣りの質問がきてますので答えてもらえませんか?」と、コードレス電話の子機を漁協の方から渡され本谷初挑戦を控えるフライフィッシャーからのテクニカル面での質問。 受話器から聞こえる見知らぬ方ではありますが、声から察するに楽しみにされている御様子でした。

続きはこちら
[PR]

by oga179 | 2007-05-27 14:02 | 神流川 | Comments(6)
2007年 05月 24日

“水質関東一の神流川”と”本谷渓流特設釣り場”新名称決定

e0112722_19273640.jpg
国土交通省が実施した全国の河川水質を調べるBODの調査により、昨年一昨年と関東地方で2年連続1位となった神流川。その事を記念し、上野村漁協と南甘漁協が共同でポスターを作成しました。できたてホヤホヤのこのポスター。神流川流域を流れる市町村や、釣具店などに配布する様ですので、しばらくすると見る事が出来る様になると思います。
これからもこの位置をキープするのは並大抵な事ではないと思います。私たち釣り人からの協力も絶対に必要です。素敵な釣り場をこれからも残して行くためには魚だけではなく、器も良くなくてはいけません。渓流魚が住み易い清流を将来の世代まで残せる様、マナーを守って楽しく釣りをし続けて行く為には必要です。

e0112722_1941282.jpg
話題は変わりますが本谷渓流特設釣り場の新名称が決定しました。新しい名称は…

”本谷毛ばり釣り専用区”と、なりました。

字のごとくの名前ですが、一番判り易い名前です。そんな本谷もこれからが本番!しかし一雨もふた雨も欲しいところ。予報では明日から明後日の明け方まで雨の予報。ものすごく期待しています。
[PR]

by oga179 | 2007-05-24 19:48 | 神流川 | Comments(12)
2007年 05月 23日

銀座の“てんこ盛りスパ”

e0112722_19203018.jpg以前から職場の若い衆達から「めちゃ美味しいですよ。是非行きませんか!」。
と、誘われていましたが「ハイハイ」と軽く流してました。しかし実行される時がとうとうやってきました。それも夜勤を終えてボロボロになった身で突然チャレンジする事に…。
向かったのは銀座にあるカレーとスパゲティ−専門店ジャポネというお店です。いわゆる大食いの方には有名なお店で、午前10時過ぎに銀座インズにあるマクドナルド前集合。渋々銀座に向かう準備をしていると若い衆から携帯に電話が…
「あっ!もしもし。今、マック前にいます。どこに居ますか?」
時は集合時間の20分前。彼等はこの為に朝の中継業務をテキパキ働いてきた模様。普段もテキパキしてくれればいいのだが…。
マック前には開店5分前着。そこで業務報告を受けたあと銀座インズが開店。
と、ともに数名開店を待っていた老若男女の固まりが小走り気味で“ジャポネ”へ向かう姿を見てある意味期待感が持てました。

e0112722_19234358.jpg店舗はオープンテラスみたいな感じといいますか、何と表現すればいいのでしょう。強いて言えばイトーヨーカ堂やジャスコなどのショッピングセンターにあるスナックフードコーナーの様な所でした。
メニューはスパゲティ−だけで10種類以上ございます。和洋中味があるのですが初挑戦の品は、この店の名前にもなっている「ジャポネ」にしました。
そして凄いのはここから。普通盛りの他に大盛りもありますが、これ以上の大盛りがここには存在します。順番に言いますと…
「普通盛り」→「大盛り」→「横綱」→「親方」→「理事長」とあるのです。
ちなみにメニューには横綱までの表記しかなく、“親方”や“理事長”は、裏メニューで、親方を注文する方は以前に横綱をクリアした人。また理事長は親方をクリアした人のみが注文を受けられるシステムになっているそうです。(店員の方と若い衆談)

e0112722_1929181.jpgもちろん夜勤明けで体力が衰弱していますので無難に「普通盛り」にしましたが、他の若い衆は横綱か親方を注文。流石若さです。そして待つ事15分。奴は目の前に現れました。




お待たせしました〜!ジャポネ普通盛りで〜す

味は醤油ベースで太めの麺に焼きからめられてます。具は小松菜と豚肉などで、コシのある焼きうどんの様な食感がしました。そして気になる量ですが普通盛りでも十分な量です。隣に座る若い衆3名の量を横目で伺うと…
もの凄い量です。ちなみに上の写真は手前から親方、横綱の順。皿の大きさと柄が違うのがおわかりでしょうか。一見分かりにくいのですが、親方の用の皿はマナ板ぐらいの幅は軽くありました。恐るべしジャポネ。
他に来ておりましたお客さんも横綱サイズを注文する方が非常に多かった様に思います。そして運ばれてきた超大盛りスパゲティーを無言で食らい付く姿。いざ勝負!という緊張感漂う感じが印象的でした。

e0112722_20554446.jpg次回は訪れていた方々がよく注文をしてました“ジャリコ”というものにチャレンジしたいと思いますが…本当に行こうか悩んでます(苦笑)最後にO塚君。親方を見事クリアしましたね!次回は頂点「理事長」が貴方を待ってますぞ!!
もしも万が一の時、後ろにあるクリニックに運んであげるから大船に乗った気持ちでチャレンジして下さい。えーっと!これは決して上司命令ではありませんよ。
[PR]

by oga179 | 2007-05-23 19:40 | 美味しいもの | Comments(6)
2007年 05月 21日

ウェーダーボンド

e0112722_1224655.jpg
渓流が解禁してからそろそろ4ヶ月目を迎えようとしてます。そろそろウェーダーの水漏れが無いかと普段は釣行後、表側を水洗いして干すのみでしたが、たまには裏返しにして痛んでいないかを確認する事をお勧めします。(ついでに裏側の生地に防水スプレーを吹きかけるとなおさらGOOD!)
土曜日の釣行後、いつもの様に水洗いし、表面が乾いたあと裏返しにしてみるとありました。踵部分のネオプレーン生地が縦方向に左右とも亀裂が入っています。幸い使用していても水漏れはありませんでしたがこのままでは何回か使うと確実に漏れてくるでしょう。
こんな時は“AQUA SEAL”を使って補修してましたが、このAQUA SEALで補修すると接着した部分が固くなってしまい補修場所によっては違和感を感じていました。ほかに何かいい補修剤はないかと探していたところございました!それがこの“ウェーダーボンド”です。
こいつのいい所は第1に固くならない事。第2に完全接着時間が短い事です。AQUA SEALでは最低12時間は必要でしたが、このウェーダーボンドは何と10分以内時で完全接着する優れものです。流石はMADE IN JAPAN。釣行時、不意にウェーダーが破損してしまってもこの時間で済めば現場修理も可能ではないでしょうか。
このウェーダーボンドはつるや釣具店などで販売してます。通販もされている様ですよ!
[PR]

by oga179 | 2007-05-21 12:28 | FlyFishing | Comments(6)
2007年 05月 20日

モンカゲロウの乱舞に敗退

e0112722_12345419.jpg
昨日、またまた上野村に行って来ました。
今回は9月に開催されるイベントの打ち合わせなどが主たる理由ではありましたが、とりあえず釣り具一式は持参するのが釣り馬鹿たるものは必ず行う行動でしょう。
10時前、かなり遅めに役場前C&R区間着。天気予報では午後から雷雨になるとの事でしたが、関越道三芳PA付近からはポツリポツリと天から雫が垂れてきておりました。「これは絶好の釣り日和に違いない!」と、すでに気持ちは釣りの事で頭がいっぱいでした。しかし上野村に入るや否や雨は降っておりません。それどころか五月晴れの天気で気温も上昇してきました。

悲劇のストーリーはこちら
[PR]

by oga179 | 2007-05-20 12:48 | 神流川 | Comments(8)
2007年 05月 18日

派手なユニフォーム

e0112722_13125395.jpg
蛍光オレンジ色が目に眩しいぐらい派手で、背中には「監視員」を大きく書かれたこのユニフォーム。このユニフォームを着て監視活動をしているのは上野村漁協監視員の皆さんです。
初めてこのユニフォームを見たのは確か1年前の今頃だったと思います。
毎年9月に開催されている「神流川C&Rフォーラム」の打ち合わせに漁協事務局がある上野村ふれあい館を訪れた時、事務局長の江川さんから「こんなの作りました。目立つでしょ!」と。
確かに目立ちます。と言うか、目立ち過ぎではないかと思うぐらいです。
よくよく考えてみると全国の漁協でここまで派手なユニフォームを着ているのは上野村漁協ぐらいではないかと思います。大抵監視員というと腕章にハンドバックを持って「お兄ちゃん釣り券持っているか?」と聞いて来るイメージがあります。しかし上野村では腕章ではなく蛍光オレンジ色のベストなのです。
この派手さもあり、遠くからでも監視員さんがやってきた事が判るので便利なのですが、反面まいったなぁ〜。という事が昨年ありました。

e0112722_1313413.jpg
それはリリースを何度も繰り返され、超が付くぐらいスレスレ尺ヤマメをサイトフィッシングで狙っている時、いつもお世話になっている松元組合長がこの派手なベストを着て登場した途端、この尺ヤマメが“スーっと”、ブッシュの奥に隠れてしまった事がありました。以後、立ち話に華を咲かせていても目先はブッシュ奥に注いでます。早く出てこい!
しかし一向に待っても尺ヤマメが再び出てくる事はありませんでした。

e0112722_13141560.jpgでも…組合長のこの笑顔を見ると何も言えなくなります。何事も修行です(苦笑)
明日は笑顔の組合長を尋ねに上野村に向かう予定です。そろそろ9月のイベント準備を開始しないと…。
[PR]

by oga179 | 2007-05-18 13:23 | 神流川 | Comments(2)