Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:酒( 43 )


2008年 10月 21日

Made in Saitama Whisky

e0112722_20141817.jpg
引っ越しを済ませてから、まもなく1ヶ月になります。
当初は我が家なのに我が家ではない感じがして、本当に落ち着きませんでした。そして地理感もあまりないので不安な事ばかり。そんな事から早く脱しよう!と、試みたのがチャリで近所をブラブラする事。毎回、新規開拓の精神をもっとうに、四方八方新しい方向に向かっているのすが、その度に発見があって実に楽しい。
そんな中、平林寺方面に向かった途中にあるディスカウント・リカーショップを覗いてみた所、珍しい酒が多々あって気分も急上昇♪
そこで今日の買い物は何と埼玉県で製造されている『地酒ならぬ地ウイスキー』を発見!
“オールドハレー”という名のウイスキーは羽生市にある酒造会社から発売されているこの1本は、私好みのモルトウイスキー。値段も安価で2度ビックリ!!
今夜はコイツをチビチビやりながら、週明けに釣行するサーモンフィッシングに向けて、フライでもタイイングとしようと思います。
ウイスキーとタイイング。何だかキザっぽいかな?
[PR]

by oga179 | 2008-10-21 20:30 | | Comments(11)
2008年 09月 06日

Goodbye Nerima

e0112722_2046594.jpg
突然ですがこの都度、“練馬”を離れる事になりました。
この街に越して来たのは今から18年前。当時は畑や果樹園が多く、「23区内で緑地面積が多い」というのが直接実感できたものです。しかし今では地下鉄「大江戸線」が開通してからは交通の便は格段に向上し、それとともにマンションなどの住宅建設が盛んになりました。ちなみに大江戸線が開通するまでは、有楽町線の駅まで10分強の道のりを歩いていたのが懐かしく感じます。
苦楽を感じながら人生の大切な時を練馬で過ごしたのはとても貴重でした。
そしていつの日からはこの街が大好きになったのです。しかし…とある事情で
この街と別れる事になり実に悲しいものです。
月末には引越しが控えているのですが、イベントの準備やら仕事が多忙になった事もあってか、全く準備が進まないどころか出来ない状況が今日まで続いています。
とにかく可能な限り進めなくては。とは言っても何処か寂しさも感じてしまっているのも事実なのですが…。
という訳で、なかなか釣りに行ける状況ではございません。


e0112722_20464156.jpg
本当の“練馬の住人”として、残り少ない練馬ライフを悔いのないように過ごしていきたいと思っております。
今宵は西武池袋線 練馬駅前にある酒店にて販売されている生酒「練馬」で1杯。濃厚な味なのに後味さっぱり!の純米酒ですが、少々塩味の水滴が混じってしまいそうです。
[PR]

by oga179 | 2008-09-06 20:47 | | Comments(18)
2008年 08月 22日

中年パワー爆発だ!

e0112722_0224790.jpg
8月も後半に入りました。
日中こそ残暑が厳しい毎日ではありますが、夜となれば秋を感じさせる風が吹き出した都内。
今年の渓流釣りシーズンも、カウントダウンがされ始めた矢先、中年フライフィッシャーの面々が神保町に集結。秋田は“比内地鶏”専門店で軽く暑気払いのつもりで集まりましたが…

まさかの展開に!
[PR]

by oga179 | 2008-08-22 00:43 | | Comments(14)
2008年 07月 14日

老舗のBeer Hallから居酒屋へのハシゴ酒

7月に入ってまだ釣りに行く事が出来ません。休みはあるものの私用の用事が多く、その処理にただでさえ少ない休日は全てパー。先々週末も先週末もです。
これだけ続くとストレスもMaxに蓄積して今にもプッツン!ドッカーン!!するのは時間の問題。
その第1弾がコレ…

e0112722_0534964.jpg

GT−Rを騒動買い!?

GT-Rで釣りに行くぞ〜!
[PR]

by oga179 | 2008-07-14 00:42 | | Comments(20)
2008年 05月 11日

清酒「巌」

e0112722_6501012.jpg
この酒との出会いはもう10年以上前になります。
神流川にC&R区間を設ける前の打ち合わせ後、宿泊先の宿で出されたのがこの“巌”(いわお)という日本酒でした。
この酒は上野村で作られているのではなく、藤岡市にある酒蔵で作られているのです。山間に位置する上野村では、米作りには適しない土地柄。米の代わりに小麦や蕎麦を栽培しています。
では何故、上野村に来ると巌が地酒のように振舞われるのかが疑問なところです。今だその謎を解明していません。どなたか御存じないでしょうか。

やや辛口で飲み易いお酒で、女性の方も好まれるお味ではないかと思います。
異性の友人の方々も「美味しい♥」と言って、グビグビと呑んでおられる程です。エッ!?その後ですか…。そりゃぁもう御想像におまかせ致します(笑)


e0112722_6504297.jpg先月、上野村にお泊まり釣行に出向いた際にお世話になった宿「鱒池」さんでは、珍しいラベルの巌に出会う事ができました。
ラベルには上野村の観光名所のひとつである「スカイブリッジ」が描かれており、どことなく新鮮な感じに。当然ながらこの夜も巌をたらふく飲み過ぎまして、翌朝は頭がふ〜らふら。
翌日の釣りを考えると飲み過ぎには注意です(苦笑)

しかし今日はホントに肌寒い。外は昨日から降り続く冷たい雨。
今夜は熱燗で一杯!っていうのもオツかも知れません♪
[PR]

by oga179 | 2008-05-11 06:51 | | Comments(4)
2008年 03月 21日

大好きな銘柄は…

e0112722_2522877.jpg
本当は “自分だけ楽しもうかな”と思い、ブログに記載をするのは避けていました。しかし先日、友人と四谷にある居酒屋で盃を交わした時の会話でその気持ちが変わりました。その彼はこう言ったのです。
「やっぱりさぁ、美味しいものは皆で美味しく味わいたいじゃぁない。だからその味を知ってもらい、気にいってもらえば買ってくれるよね!」と、彼オススメの芋焼酎を呑んでみる。独特の芋臭さはあるものの、後味がさっぱりした酒だった。
という事で、薄情しちゃいます。今まで色々な酒を紹介していましたが、僕が密かにしていた一番好きな酒は、「開当男山」(かいとう おとこやま)という日本酒なのです。
このお酒の出会いは結構古く、僕が小学生の頃に親戚が住む南会津へ盆になると家族で顔を出していました。日中は近くを流れる会津大川に、ヤスを片手にアユ突きに行き、夜は盆踊りや花火を地元に住む友人と遊びまくっていました。その友人とは川で出会った初対面で同年代ぐらいの男子の面々。今では音信不通になったまま。どうしているのかなぁ。
そんな夏の思い出とともに、大人たちと一緒に墓参りを終えた後、高校野球中継を見ながら『ビール→地酒→酔っぱらって爆睡』という順番で呑んでいたのが、この酒だったのです。しかも実に美味しそうに呑んでいたものですから「いつかは味わってみたい!」と、思い描いていた少年期がありました。
それから年月は経ち、久々に南会津へ向かったのは親戚に不幸があり、葬儀に参列した時、そこには少年期の時と同じ顔ぶれの大人たちがこの酒を呑みながら故人の思い出話に華を咲かせていました。その時、忘れかけていたこの酒がそこにある。「そうそう、このお酒だよ!」一升瓶のラベルを見て思い出したのです。
大人たちも幾分老け顔になられた方もいらっしゃいましたが、でも昔見た光景がそこにあるのです。「懐かしい…」そんな大人たちの輪へ入り、酒をコップに注いでもらい口に含んでみると…何とも言えないフルーティーな風味。かつ辛口なのか呑み終えるとシャキッとします。
『う、旨い!』 
あまりの美味しさに2〜3杯とスイスイ呑んでしまい、あっという間にグロッキーした事は言うまでもありません。



e0112722_3715.jpg
それ以降、南会津へ行くと必ずや開当男山を買い求めてくるようになりました。
終いには「どうせ買うなら直接買いかな♪」と、酒造元の酒蔵まで行って“できたて”を求めるようになってしまったのです。
南会津も4月1日から渓流が解禁。まだ残雪が多く残っているかと思います。雪代が終えた頃、今年もこの地酒と渓魚を求めて足を運ぼうと思います。

追伸
只今夜勤中の身。深夜に“酒ネタ”を書く俺って変かなぁ?(苦笑)

話は変わりますが…
[PR]

by oga179 | 2008-03-21 02:57 | | Comments(2)
2007年 12月 27日

“会津ほまれ”が美味い季節

e0112722_6501774.jpg
字の如く会津の地酒「会津ほまれ」。
この酒はラーメンで有名な喜多方に酒蔵を持つ酒造会社で作られている。
当然ながら原材料の米や水は地元の物を使用している。
会津ほまれに限った事ではないが、会津地方に数多くある酒造会社で作られる日本酒は“やや辛口”の酒が多い。もちろん甘口や辛口の方にも美味しく呑めるように各種作られてはいるが、個人的には辛口が好き。
そんな“会津ほまれ”より、こくのある風味なのが写真の奥に写る北海道の酒、国士無双(こくしむそう)も捨て難い。
こちらも会津ほまれ同様、“やや辛口”ではある酒ではあるが少し濃厚な味わいがするのが特徴的です。


e0112722_6505151.jpg昨夜は久々に“イカの腸焼き”を作ってみた。
コンロの上にアルミホイール包みの中に生イカを食べ易い大きさに切り、玉葱も付け加える。そこにイカの腸だけ。それを弱火で10分程蒸し焼きにし、少々の濃口醤油で味をそろえる。
当初は御飯のお供に…と、思って作ったものの、やはりこの料理には日本酒がピッタリ!
飲み過ぎない様、注意しながら美味しく味わった夜でございました。
[PR]

by oga179 | 2007-12-27 06:53 | | Comments(10)
2007年 12月 04日

「飲み過ぎた六本木の夜」ドキュメント

e0112722_1755731.jpg
昨夜、兼ねてからdaikyuさんよりお誘いを受けていました熱帯JAZZ楽団のライブを鑑賞に、六本木はSTB139に行って来ました。
しかしライブ鑑賞をする前から全快モードになるとは…

続きはこちら
[PR]

by oga179 | 2007-12-04 18:40 | | Comments(12)
2007年 11月 16日

Beaujolais Nouveau

e0112722_0244451.jpg
今年もこの季節がやって参りました。
昨日は街を歩くだけでも…また通勤電車の中刷りでも“ヌ−ボ”一色感が強い解禁日でした。まぁコチラとしては同じ解禁日でも渓流釣り解禁日の方が待ち遠しい訳でございまして、「解禁」という言葉が聞こえただけでもビビッと反応してしまった一日でした(笑)
と、まぁ今年も勤務後に飲めるチャンスが訪れまして一口だけ頂きましたが…
少し薄く感じたような気が致しました。あっさり味がお好みの方には良いかもしれません。

とりあえずここは季節ものという事で。
[PR]

by oga179 | 2007-11-16 00:27 | | Comments(4)
2007年 11月 02日

HOPPY

e0112722_1855175.jpg
ここ最近、ポッピーブームのようでございます。
ちょいと昔までは下町ぐらいでしか飲む事はできなかったのが、今では大抵の居酒屋に行けば「ホッピーあります」と書いた看板やポスターがあります。
このホッピー、プリン体“0”という事で健康に気をつかっている方にはオススメ!という具合なんですが…飲み過ぎちゃったら意味はありませんね。
昨夜行われた宴でも、会話に華が咲き美味しく飲み続ける事5杯。
宴を終え、早々に即寝。しかし…久々に頭が痛い朝を迎えるとは(><)
皆様、飲み過ぎにはくれぐれも御注意下さい(汗)
[PR]

by oga179 | 2007-11-02 18:13 | | Comments(4)