2008年 10月 28日

Salmon fishing 2008

e0112722_1924844.jpg
僕にとってオフ中の今の季節、管理釣り場や鯉釣りの他に毎年楽しみにしているのがサーモンフィッシング。とにかくダイナミックな釣りを味わうのが楽しい。オンシーズン中、#3前後のロッドを用いて4〜12Xのティペットを使う。当然フライも#8〜30まで使用しているが、ことサケ釣りになるとシステムからして違う。ロッドは#8〜10。ティペットもフロロカーボンの5〜2号を使い、フライも#4〜1/0になる。当然の事ながら狙う魚が違うのだから当たり前なのだが、このギャップがとても好き(笑)
そんなチャンスを今年も請戸川で叶う事が出来ました。




e0112722_19121630.jpg
昨年、一昨年に訪れた時はいずれも悪天候。大雨に台風、強風にヒョウが降ってくる事もありましたが、今年は朝焼けがとても美しく見る事ができ、日中も秋晴れの一日になり言う事はございません。文句のない釣り日和です♪
まだ夜が明ける前の午前6時。有効利用調査用の管理小屋前には多くのアングラーがスタートするのを待ちわびている中に到着。早速受付をする為にプレハブの管理小屋に入ると、岡崎の杉坂研治さんが目の前に!思わずお互いに「あら〜、今年もココで会ってしまいましたね!」って、声を出してしまった。
第1回目の調査から請戸川には来ていますが、時同じくしてアポもせず、毎年の様にバッタリというのもある意味凄いかも知れません。ちなみに杉坂さんは釣りビジョンのロケで来られていましたので後日、調査の模様が放送されると思います。




e0112722_1952911.jpg
朝7時。調査前の注意事項が泉田川漁協の方から述べられた後、いよいよ実釣開始です。各自思うポイントへ足早に向かう姿ったら、まるで解禁直後の渓流を想像してしまいます。とは言うものの、こちらも急ぎ足になっていたのです(苦笑)最初に入ったのは一番下流側。目の前一帯に深みがあるポイント。早速、請戸川のサケ釣りには実績があるレッド系のゾンカーを結び、ダウンクロスでボトムを探るように流す。とにかく昨年の「ボ」が脳裏から離れない。今回は挽回する為に鼻っから気合いを入れて集中する。何だかんだと言っても引き潮の午前中の早い時間の今がチャンス帯なのだ。川筋を読みながらフライを流しているコースを想像しながらロッドテップとともに川下に目を向けると、河口から大群で昇ってくるサケの姿が遠くから目撃。そして射程距離圏内に魚が入ってくる頃合を見てフライをややアップ気味に入れてロングキャスト。ラインが着水と同時にランニングラインを大きく上流側に降り出してナチュラルに流す。そしてフライが下流側まで流れてきて、ラインが張り気味になりそうになった時…底を転がるフライのテンションとは異なるコツコツとアタリが。煥発入れずに一気にアワセると、グワングワンとした感触がライン越しに伝わる。そして水中からサケが姿を表すと、物凄いパワーで上流側に走る。この感覚が超気持ちいい。出来ればシングルハンドロッドでファイトをするのが好みですが、場所的に他の釣り人にも御迷惑をかけてしまう可能性が大きいので、今年はダブルハンドで1日を通して釣りをした。腰も痛かったし…(苦笑)


e0112722_196774.jpg
上がってきたのは80cmぐらいのシロザケの雄。これで「ボ」から脱却♪
気持ちも楽になったところでポイントを最下流へ移動。ここは思いっきりキャスティングが出来る。対岸スレスレの所をサケたちは昇って行くので、それを読みながらフライを流さなくていけない。本当なら毎年朝イチからここに入っているのだが、今年からはサケ漁が終えてからではないと入る事が出来なくなってしまったのだ。ただでさえサケの遡上が毎年遅れ気味になっているので、せっかくサケが入ってきても仕掛けられた網で一毛打順される。たまたま仕掛けから逃れられたサケたちが僕らの相手をしてくれる事になるのだが…。
よって絶対数が少ない難儀の釣りになったのは言うまでもありません。


e0112722_19293247.jpg
それでも意地というか、ラッキーと言った方が適切かも知れません。対岸スレスレを流し込んだフライにメスのシロサケが喰ってくれました。
美味しそうなサイズ。お腹を持つと卵がポロポロと落ちてくる程です。

e0112722_1964233.jpg
近くで釣りをしていた杉坂さんもヒット!満面の笑みでが印象的でした。



e0112722_19184224.jpg
気が付けば潮が満ち始めて来ていて、当初は腰以下だったウェーディングポジションではすでに下腹部まで水位が上昇していました。
時間はお昼ちょっと前。潮が満ちて来てしまうと効率はグンと下がりますので、これにて納竿。せっかく海沿いに来たのですから海の幸でも頂いてから帰京する事に。今年のサケ釣りは、あっという間の4時間の釣りでお終い。
また来年も参加出来る亊を祈りながら“うつくしま福島”を後にしたのでありました。
[PR]

by oga179 | 2008-10-28 19:19 | FlyFishing | Comments(10)
Commented by TAKA-Qizm at 2008-10-28 21:30
お~すばらしいシャケですな!
昨年の挽回が出来たようで何よりです。

っつ~ことで今週末はイクラ丼が食べられるって訳ですな。
クール宅〇便の到着が待ち遠しいでつ(ぷ)!
Commented by tomato-ma at 2008-10-28 21:59
おぉ~!おめでとうございます!!
今年は本来の実力発揮♪といったカンジですね(笑)
80センチのサーモン。。。サスガです(^^)
Commented by kom2002 at 2008-10-29 07:05
おはようございます♪
自分も毎年鮭釣りのシーズンは楽しみにしてたのですが、今年は何処も駄目でした。来年は当たると良いのですが。アノ、強烈なパワーを一度味わうと病み付きになりますよね♪ 朝焼けの写真良いですね!!(^^)v 鮭の顔も迫力があって良いです♪
Commented by tokyo_terry at 2008-10-29 07:54
練馬の住人さん、おはよー!!
ハイパーエキスパートとハイパワーなサーモンとの釣り。
面白そうですね!!
今回はダブルハンドを使っていたんですか?練住さんもツーハンドの釣りも楽しまれるんですね〜。サーモン相手なら楽しそう!!
Commented by Lt_cahill at 2008-10-29 10:24
練馬の住人さん、こんにちは!
写真も今日見たら追加されて雰囲気も伝わり羨ましい限りです(笑)
今年は安定した天候で良い鮭が釣れて良かったですね〜!
今度抽選に当たるコツがあったら教えてください。
来年は当選しますように(笑)
Commented by 練馬の住人 at 2008-10-30 01:00 x
TAKA-Qさん こんばんは。
鋭いところを突いてきますねぇ。個人的にも自分で釣ったサケでイクラの醤油漬けなんぞ作って、それを丼飯の上へ「これでもか!」と言うぐらいにタップリかけて食べてみたいのですが、残念ながらメスサケを釣ってもお持ち帰りが出来ないのです。
そんな条件もある調査でございます。でも…我々もそろそろ成人病も考えなければいけない年頃。頭が痛いですね〜(苦笑)
Commented by 練馬の住人 at 2008-10-30 01:04 x
tomato-maさん こんばんは。
いやいや…調査が始まった頃はワンキャスト・ワンフィッシュ(←死語?)状態でして、笑いが止まらないどころか強烈なパワーで身体がヘトヘトになったものです。
しかしこの2〜3年、河川状況の変化に加えて遡上時期の遅れなどありまして思うような釣りになっていない事なのです。これも地球温暖化が影響しているような感じっぽいです。
Commented by 練馬の住人 at 2008-10-30 01:08 x
komさん こんばんは。
年々、調査応募の当選率が下がっている感じです。
実はK川は全く当選した事がありません。どうなっているんだろう?と、思ってしまうのですが、個人的には請戸川の方がフライ向きに感じているので来年もまた参加出来るといいなぁ♪ と、今から強く思ってますよん。
Commented by 練馬の住人 at 2008-10-30 01:11 x
terryさん こんばんは。
サケ釣りでのWハンドは4年前ぐらいから使い出しました。
かと言ってもスペイキャストは全く出来ませんので、昔ながらのシューティングヘッドシステムで楽しんでますよん♪
とにかく豪快さがたまりません!terry さんも来シーズン、如何でしょうか?
Commented by 練馬の住人 at 2008-10-30 01:14 x
Lt_cahillさん こんばんは。
抽選に当たるコツですかぁ? う〜ん、どうなのでしょう???
K川はハズレぱなしですので説得見がありませんが、とにかくハガキに念を送りながら記入していますよ。まるで学生時代にラジオ局へ送ったリクエストハガキを書くような感じで(苦笑)


<< 福島の秋風景(1)      Made in Saitama... >>