2008年 05月 22日

本谷の主

e0112722_148427.jpg
このイワナとの出会いの時の事は今でも脳裏に浮かんできます。
2年前、“本谷毛ばり釣り専用区”がプレオープンした年、瀬続き下の大きなプールでフタスジモンカゲロウのスーパーハッチがあり、緩やかな流れに流されてゆくダン状態のフタスジモンカゲロウを補食し易い筋の真ん中で優雅に補食をし続けていたのです。その光景を例えるならば…“回転寿し”そのものでした。
流れてくる(運ばれてくる)握り寿司をゆっくりと噛み締めながら次のネタが廻ってくるのを待っているような感じでした。その姿なるや平然堂々とし、警戒心なんて事はすっかり忘れている模様。とにかく『喰って喰って喰いまくる!』おそらく食っけの方が勝っていたのでしょう(笑)

そうなれば楽チンモード。フライもモンカゲに模した物を使わず、パイロットフライでは万能で優秀な“アダムス・パラシュート”を、そのまま筋にフライを入れ、フライ先行で補食ポイントまで到達すると何の躊躇いもなく1発で喰ってきました。が…そんな時にミスってしまったのです。
ライズを見ているうちに変な興奮をしたのでしょうか。心臓がバクバクドキドキのままでのアワセのタイミングがズレてしまったのがミスの原因。
幸い鉤掛かりだけは免れたのでしばらく待つと再びライズが始まりました。
流石に2度目はビシっと決めましたけど…(苦笑) 
そんな擦った揉んだで上がって来たのが本谷で再生産を繰り返したと思われる完全ネイティブな38cmのニッコウイワナ。
この時は本当に嬉しかった。無我夢中で写真を撮った後は放心状態になった程。
おまけにこの後、足を滑らしてしまい全身ずぶ濡れ。
“本谷の主”と言っても過言ではない風格をしたネイティブイワナを釣った代償はデジカメ1台をオシャカに。幸いCFカードだけは免れたので助かりました。どこぞのCMではありませんが「ネイティブイワナ撮影→デジカメ水没→データは残ったメモリーカード プライスレス」

しかし本谷の主は何処に行ってしまったのだろう。また再会できる日がある事を楽しみにしたいと想い思うばかりです。
[PR]

by oga179 | 2008-05-22 14:14 | 神流川 | Comments(4)
Commented by TAKA-Qizm at 2008-05-22 19:20
おっ!いいイワナですなぁ~!
来週家内と伺う予定ですが、こんなの釣れてくれるといいですね~!
Commented by Rolly at 2008-05-22 23:50 x
お久しぶりです!!

それにしても、見事なイワナだこと・・・・。
はやく本谷に行きたいなぁなんてウズウズしてきちゃいます。
モンカゲを回転寿司状態でって、そんなシチュエーションだけでも
萌え萌えですね(^^;
Commented by 練馬の住人 at 2008-05-23 23:22 x
TAKA-Qさん 毎度です!
確かにですね!! 来週末は楽しみにしております。
また下界のセブンイレブンで遭遇しちゃったりして(w)
Commented by 練馬の住人 at 2008-05-23 23:25 x
Rolly君 みゃ〜〜どです!
実は先程、上野村から帰ってきたところです。
本谷、すんごいグ〜〜!なコンディションでした。
今年もお待ちしてますよん♪


<< ハイシーズン突入      衝動買いで買ったPENTAX >>