2008年 04月 21日

想像力が膨らむ面白提灯

e0112722_21364264.jpg
とある一件宿の温泉を訪ねた時に見つけた提灯です。
そこは“日本秘湯の会”会員の宿。外観からして高級感が漂っていました。
当然ながら高級という文字には無縁な僕。「立ち寄り温泉だけでも…」と、たまたま寄ってみただけなのですが、宿の周りは桜が見頃を迎えていました。
そして開花を祝うように数多くの提灯が飾られています。それらの提灯には俳句や川柳が書かれていました。
その中のひとつがコレ! 

『おいしいな しかさしたべる 子どもたち』

これを見てすぐ、脳裏に子どもが鹿刺しを食べる姿を想像してみましたが…
どう考えても「とーちゃん、鹿刺し おいしいね♪」
な〜んて言う子は、果たしているのかと疑問に思うのは僕だけでしょうか?
[PR]

by oga179 | 2008-04-21 21:38 | Spa | Comments(2)
Commented by TAKA-Qizm at 2008-04-21 22:54
こんばんわ~。
先日は大変お世話になりました。

鹿刺し食べる子はきっと練さんみたいな「のんべぇ」になるんでしょうなぁ(ぷ)
Commented by 練馬の住人 at 2008-04-24 13:29 x
TAKA-Qさん 遅ればせながらお世話になりました。
実はこの記事をUPした後、自分の事をよ〜く考えてみましたら
親父が晩酌とともに食べていた「馬刺」をよくつまみ食いしていたのです。
だから呑んべいになったのかなぁ(笑)


<< Switch      春爛漫の上野村 >>