2008年 03月 21日

大好きな銘柄は…

e0112722_2522877.jpg
本当は “自分だけ楽しもうかな”と思い、ブログに記載をするのは避けていました。しかし先日、友人と四谷にある居酒屋で盃を交わした時の会話でその気持ちが変わりました。その彼はこう言ったのです。
「やっぱりさぁ、美味しいものは皆で美味しく味わいたいじゃぁない。だからその味を知ってもらい、気にいってもらえば買ってくれるよね!」と、彼オススメの芋焼酎を呑んでみる。独特の芋臭さはあるものの、後味がさっぱりした酒だった。
という事で、薄情しちゃいます。今まで色々な酒を紹介していましたが、僕が密かにしていた一番好きな酒は、「開当男山」(かいとう おとこやま)という日本酒なのです。
このお酒の出会いは結構古く、僕が小学生の頃に親戚が住む南会津へ盆になると家族で顔を出していました。日中は近くを流れる会津大川に、ヤスを片手にアユ突きに行き、夜は盆踊りや花火を地元に住む友人と遊びまくっていました。その友人とは川で出会った初対面で同年代ぐらいの男子の面々。今では音信不通になったまま。どうしているのかなぁ。
そんな夏の思い出とともに、大人たちと一緒に墓参りを終えた後、高校野球中継を見ながら『ビール→地酒→酔っぱらって爆睡』という順番で呑んでいたのが、この酒だったのです。しかも実に美味しそうに呑んでいたものですから「いつかは味わってみたい!」と、思い描いていた少年期がありました。
それから年月は経ち、久々に南会津へ向かったのは親戚に不幸があり、葬儀に参列した時、そこには少年期の時と同じ顔ぶれの大人たちがこの酒を呑みながら故人の思い出話に華を咲かせていました。その時、忘れかけていたこの酒がそこにある。「そうそう、このお酒だよ!」一升瓶のラベルを見て思い出したのです。
大人たちも幾分老け顔になられた方もいらっしゃいましたが、でも昔見た光景がそこにあるのです。「懐かしい…」そんな大人たちの輪へ入り、酒をコップに注いでもらい口に含んでみると…何とも言えないフルーティーな風味。かつ辛口なのか呑み終えるとシャキッとします。
『う、旨い!』 
あまりの美味しさに2〜3杯とスイスイ呑んでしまい、あっという間にグロッキーした事は言うまでもありません。



e0112722_3715.jpg
それ以降、南会津へ行くと必ずや開当男山を買い求めてくるようになりました。
終いには「どうせ買うなら直接買いかな♪」と、酒造元の酒蔵まで行って“できたて”を求めるようになってしまったのです。
南会津も4月1日から渓流が解禁。まだ残雪が多く残っているかと思います。雪代が終えた頃、今年もこの地酒と渓魚を求めて足を運ぼうと思います。

追伸
只今夜勤中の身。深夜に“酒ネタ”を書く俺って変かなぁ?(苦笑)




e0112722_111605.jpg
上野村漁協の松元組合長から、昨日の役場前の写真が送られてきました。
どうやら雨と霙が降った模様で、川の水位も上がったとの事。写真を見てみると確かに上がっています。ただ若干ではありますが些々濁り気味かなぁ。あとは水温も気になるところです。
明日の予報はズバリ晴れ。日中過ぎにもしかすると…もしかかも?知れません♪
[PR]

by oga179 | 2008-03-21 02:57 | | Comments(2)
Commented by あま党 at 2008-03-21 21:37 x
こんばんは。
少年期・・・・・・から?
次回は甘いものもアップお願い致します。
Commented by 練馬の住人 at 2008-03-23 10:30 x
あま党くん おはようございます。
きょうもいい天気。釣り日和ですねぇ。
少年期…そうなのですよ。ちと怖い気もしますが、あんなに美味しそうに呑む姿を見ていたら気になっていたのです。それが呑んべいの所以かも?知れません(笑)
甘い物ですか…、頑張りまーす(汗) by辛党


<< ライズがない!      シャック観察 >>