Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 27日

ちょいと息抜きに

e0112722_21544852.jpg
昨日、一昨日と上野村に行って来ました。
今回は度々休日出勤が続きましたので、その代休なのではありますが久々の平日休暇を取る事ができました。
と、なると…「これはもう釣りに行くしかないでしょう!たまにはお泊まりでの釣行も悪くないなぁ〜」と思い、1泊2日の釣行となりました。
しかし現実はそう旨くは行きません。初日は某新聞社の取材が急遽入り、お昼頃から本谷で撮影開始。その後インタビューとなった訳でありますが記者が来るまで、約1ヶ月ぶりの本谷を楽しもうと、早々に受付を済ませて本谷に向かいました。
現在“本谷毛ばり釣り専用区”はササ濁りが続いています。これは先週始めに猛威をふるった台風4号の影響から続いています。通常1週間もあれば濁りも取れ、本谷らしいクリアーな水色に戻る筈。しかし今現在も濁りは取り切れていません。その原因はダムからの放水によるものだそうです。
すでに上野村漁協では一刻も濁りを取り除くべく、関係各所と連絡をとりつつ対処しておりますので是非とも応援して下さい!

そんな状況の本谷の様子を見るべく実際に釣りをしてみましたが、ドライフライには反応しますので釣りには問題ないと思います。しかし元々は透明度が高い本谷渓谷。一刻も早く元に戻していただきたいものです。




e0112722_21554056.jpg
イブニングは久々に上野村役場前のC&R区間へ。
こちらも水量はかなり多く、例年の川幅と比べると倍以上になっていました。
普段ですと楽々ウェーディングが出来るのですが、流れが太いので注意して川へ入りました。やはり足に加わる水圧はかなりのもの。体重を両足にかけながらの立ちこみをしないと流されてしまいそうです。

e0112722_21561143.jpg
いざ目線を川面に向けるとウグイのライズが盛んですが、時折ヤマメのライズも見受けられます。そんなライズの中に#18ぐらいのグリフィスナットを入れてみると、ヤマメはフライの下までは近寄ってきますが喰ってくれません。
素直にフライを喰ってくれるのはウグイのみ。何たる事やら…(泣)
時折姿を表す尺ヤマメはウグイや鮎を追い掛けているようです。
「ドライじゃぁ無理かな」
何て思いながら納竿をしようと、ラインをリールへ巻き込んでいるとヤマメのライズが始まりました。それも時間が過ぎれば過ぎる程、頻度が多くなってきました。水面をよく観察してみると羽蟻が沢山浮いていました。
サイズにして#20前後の小さな羽蟻。手持ちのアントパターンでチャレンジしてみましたが今宵の宿のチェックインタイムがすでに過ぎていました。
「今日はこの辺で勘弁してやろう!」
そんな捨て台詞をつぶきやながら、ウェ−ダ−を履いたまま宿に向かいました(汗)

e0112722_21574242.jpg
今夜御世話になる宿は民宿・鱒池
敷地内に釣り堀もある民宿。当然ながら晩ご飯はニジマス料理が中心でございました。
その中でも人生初!“ニジマスのお造り”には吃驚!!
食べてみるとまるでハマチを頂いているのかと思える程、予想と違って美味でした。当然ながら?お造りなんぞ出されてはお酒も進みます(笑)
結局22時頃には外から聞こえる渓流の流れの音とともに記憶が遠のき、そのままこの日を終えました。


e0112722_2243125.jpg
翌日も再び本谷に向かいました。
正直、昨日の釣行ではお腹いっぱいになっていませんでした。よって今日は朝から全開モード。川はササ濁りのままですから一歩一歩、安全かつ確実に確認しながら釣り上がります。

e0112722_225579.jpg
1投目から天然ヤマメがフライに飛びついて来ました。魚体のパーマークはくっきり出ている中、一際オレンジ色のラインが非常に美しく見えます。
その後も飽きない程度に渓魚たちは顔を出してくれました。

e0112722_2272631.jpg

お昼過ぎ、急に大雨が降り出して来ました。バケツをひっくり返した様な強烈な雨が短時間に降り、あっという間に全身ズブ濡れです。
雨上がり後、渓には日射しが差し込み幻想的な光景が見る事が出来ました。
それはもうロマンチックになるようなロケーションに本谷の渓が光り輝いています。しかしそこには僕ただひとり。
釣欲もすでに満たされたので釣りはここで終了。2日間の神流川三昧は日帰り温泉に寄って帰路に着きました。これで少しは仕事にも精が出る事と思います???

今回も上野村漁協の方々をはじめ、riverwalkersさん。そして渓流でお会いしたフライフィッシャーの皆々様、大変お世話になりましたm(__)m
[PR]

by oga179 | 2007-07-27 22:15 | 神流川 | Comments(4)
Commented by tomato-ma at 2007-07-27 23:20
こんばんは!
ボクも先週「本谷」へ行ったのですが、まだニゴリが残っていたんですね。再釣行計画中なので、次はニゴリの治まった清流の本谷で釣りがしたいです。
Commented by River Swimmers at 2007-07-28 13:09 x
松本の3人組です。ご親切にして頂きありがとうございました。
本谷初釣行の不安の中、とても楽しい1日を過ごせました。
そして、本谷の魅力に取り憑かれそうです。
私たちも次回はスーパークリアーな清流の本谷スレスレ山女との対決を計画しています。
追伸:デジカメ昇天。防水タイプを検討中!
Commented by 練馬の住人 at 2007-07-28 20:27 x
tomato-maさん  
先週、本谷に行かれていたのですね。
そうなんですよ!濁りが今、問題になっています。
幸い?原因は判明しているのですが、当事者はお役所みたいな企業相手ですのでこの先の動向に注目しております。
やっぱりクリアーな水色の渓で釣りをしたいですものね!
Commented by 練馬の住人 at 2007-07-28 20:37 x
River Swimmersさん ようこそお越し下さいました。
そして木曜日はお世話になりました。いやはやビックリ!と嬉しいが合わさった感じでございます。
コンデジ、胸中お察し申し上げますm(__)m
僕も年に1度のペースで1台を水没させております(苦笑)しかし今年は今日現在何とか無事ではありますが…。
僕の場合、今所有しているカメラ全ては保険に加入しています。昨年水没したカメラも保険に加入をしてましたので購入価格の金額が降り、最新機種を購入出来ました。保険も2000円程度で加入できたかと思います。まさかの時にはホントに助かりました。
防水タイプも各メーカーで色々な物が発売されてます。新たな選択の楽しみという事で不幸は早く忘れて、次なる玩具を探されてみてはいかがでしょうか(笑)
ちなみに9月には神流川C&Rフォーラムにて、rwさん講師のコンデジスクールが開校されますので受講されてみては如何でしょうか?
また遊びにいらして下さい!そして今後とも宜しくお願い致します。


<< Nerima BON Dan...      やまと食堂のワンタン麺 >>