2007年 07月 04日

辛く悲しい思い出のコンビニ弁当

e0112722_17493038.jpg昨日、通勤で利用している駅の構内にコンビニがオープンしました。
既存していた駅売店を廃止し、今流行りの「駅ナカ」として試験営業を始めた様です。特に他のコンビニと比べてみても何ら変わりは無い様に見えましたが、通常の店舗よりも歩き易いスペースを多く取っているようです。
コンビニのオープンと言えば、おにぎり・お弁当割引のパターンが多いのですが、こちらでも50円引きで販売してました。
と、なると独身貴族ならぬ“独身貧乏”の身、このチャンスを逃す事は出来ません!たまたま通りかかっただけですが、何故か「ラッキー♪」と思いながらおにぎりを持ってレジに向かった事は言う間でもありません(笑)

e0112722_1892515.jpg
思えば私自身、学生時代から今現在までコンビニを利用した食生活が長く続いてます。
まぁ時間があれば自炊をするのですが、日々の仕事に追われる日々が続きますと自炊をする気力はありません。そうなると食事は外食かコンビニ弁当に。
ある年の出来事ですがこんな事がありました。
住まいから近いコンビニへ毎日の様に仕事帰りに寄り、弁当を物色しながら決めていました。そんな日は一週間続いたある日、いつもいるバイトのお兄ちゃんから声を掛けられました。

弁当のメニューが替わりますから明日を楽しみにして下さいね♪

やばっ!完全に面がわれている!

流石に恥ずかしくなってきました。
そこで色々と考えた結果、他のコンビニをローテーションしながら購入する作戦をとれば、顔を覚えられなくて済むのでは?と、考え実行に移しましたが…。
しかしそんな作戦は1ヶ月を過ぎるとパー。あの時同様、各コンビニの店員さんに覚えられてしまうという悲惨な事に。

完全玉砕!!
 
そんな事があって、しばらくは近所のコンビニには近寄る事がありませんでしたが…
最近、またもやそんな生活に逆戻り状態になりつつあります。
でも次の作戦を考えてます。それは…

深夜営業スーパー回りです(汗)
[PR]

by oga179 | 2007-07-04 18:01 | etc... | Comments(6)
Commented by carpediem2007 at 2007-07-05 06:19
おはようございます!
あは!!練住さん♪あま~い!!!
コンビニの店員さんは、「お客様」を覚えるのも「仕事」!なのです(^o^)/
何百人とレジ打ってても解るものなんです^^
「たばこ!」と言う方も・・・銘柄と個数を覚えてますから♪「はい/」といえます^^/
だから、面がわれる事は恥ずかしくもなんもありませんよ~~
(元コンビニおばさんより♥)
Commented by daikyu at 2007-07-05 07:44 x
練住さんおはようございます。何ヶ月か前に近くに最大手が
出来ましたが、バイトのおねえさんが段々育っていくのがわ
かりオーナーさんの努力が見えるようです。

冬におでんにはまりましたが、今はローカロリーのものを探す
のが、昼の日課です。効果はまだまだ先です!(笑)
Commented by 練馬の住人 at 2007-07-05 19:08 x
姐さん そう言ってもらえると素直に喜んでいいのか…
コンビニとは思わず、いつも通うショップの店員さんに覚えられた時と同じ感じで対応できればいいのですが…。
ちなみに馴染みのマックでも面が割れてます(苦笑)
Commented by 練馬の住人 at 2007-07-05 19:14 x
daikyuさん おばんでございます。
もしかして…あの通りの7/11でしょうか?
いつも通過するだけでまだ利用した事がございません。
コンビニの“おでん“、年々味が向上して来てますよね!僕も寒い冬はよく購入します。大根、こんにゃく、はんぺん… う〜ん夏日の1日でしたが想像したら食べたくなってきました。
Commented by 練住の上住です。 at 2007-07-06 20:48 x
最近、深夜まで営業しているスーパーも増えましたよね。

もうかるのかなー?

7月8日のテレビ東京でやる「完成ドリームハウス」に知り合いの子の家が出ます。
Commented by 練馬の住人 at 2007-07-07 17:56 x
上住さん こんにちは!
そうなんですよ。最近はスーパーまでも24時間営業をする店が多くなりまして消費者として、非常に便利になりました。おまけにコンビニよりも安価なのがいいですよね。まぁ深夜ですから日中程、お客さんの数が少ないのは現実ですが…ドンキホーテは逆に深夜の方がお客さんが多い感じが致します。この御時世、生活スタイルも2分化して来ている様です。


<< ヤーコン焼酎「とんだこんだ」      イワナ天国の渓へ再び >>