Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 08日

オナシカワゲラの季節

e0112722_16264543.jpg
今、神流川ではマエグロのハッチがそろそろ落ち着きを始めた感じではありますが、逆にオナシカワゲラが多くハッチしています。
解禁前からユスリカとクロカワゲラのパターンは早春の渓流では必需品ですので必ず多めに巻いてますが、いざクロカワゲラとオナシカワゲラのアダルトパターンに関しては、ほぼ同じカラー(ブラックorダークブラウン)で巻いており異なるのはフックサイズだけです。







e0112722_16353531.jpg
ストーンフライを巻く場合、私が使うフックはおおよそTMC100SP−BLを使ってますが今年から“オナシ”パターンを巻く際にはTMC902BLを使い始めました。
理由?特にはないのですが、このTMC902BLシリーズは#18までしかない!という理由でしょうか(笑)どうしてもクロカワゲラを模したパターンを巻くとなりますと#20〜22ぐらいサイズを小さくしないと意味がございませんので。
このTMC902BL、同じバーブレスフックである“TMC103BL”と“TMC900BL”のいいところを902BLにしたのではないか?という個人的感想です。TMC103BLはポイントが弱く過去に何度もフライに渓魚が喰いついてくるのですがフッキングしない。「何んでよ〜!」と、フックのポイントを見てみると曲がっている事が多々ございました。原因は岩や石などにフライをぶつけてしまい、それでポイントが曲がってしまった様です。

e0112722_16542068.jpg

それ以降このフックを使う事はありませんでしたが、このTMC902BLに関してはだいぶ改良されていると思います。現に昨日も釣りに行きましたがこのフックに巻いたオナシカワゲラ・アダルトパラシュートを多くの石や木々に引っかけましたが問題ありませんでした。
ただ唯一の問題は…
シーズン前、あまりタイイングをする時間が取れなかった為に玉数が少ないのに3本もロストしてしまった事でしょうか(泣)

e0112722_1781350.jpg
今年も「本谷渓流特設釣り場(毛鉤専用区間)」がいよいよ15日からオープンする事が今、上野村漁協から連絡が入りました。
今年は区間も延長され、“キャッチ&リリース”と“バーブレスフック”の使用も遊漁規則にもり込まれました。しかし残念ながら水量ですが本流同様少なく、平水時の1/4ぐらいですが再生産をしております渓魚たちは盛んにライズを繰り返してます。
本谷渓流特設釣り場(毛鉤専用区間)は完全予約制です。予約方法等は上野村漁業協同組合ホームページを参考にされて下さい。
[PR]

by oga179 | 2007-04-08 17:07 | FlyFishing | Comments(4)
Commented by carpediem2007 at 2007-04-08 18:24
本谷♪ですか~~!
去年あまりにも「良い思い」させてもらっちゃったから(^o^)/
今年は・・・気を付けよう・・・
Commented by 練馬の住人 at 2007-04-09 13:55 x
姐さん こんにちは!
今年も本谷へ遊びに来て下さい。
そして今日の今頃は行かれているのですよね?結果なんぞ聞かせていただければと思います!
Commented by 順坊 at 2007-04-10 18:52 x
昨日は色々情報ありがとう。
為になりました。
本谷が開いたら行きたいですね。
昨日の状況は、聞いた通りでした。でも、かなり楽しめました。
Commented by 練馬の住人@職場 at 2007-04-11 11:19 x
順君 毎度です。
楽しめたようで何よりです。
来週日曜からは本谷も解禁しますので、また遊びにいらして下さいね!


<< やっぱり松屋好きです      “光り物” >>