Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 08日

GW後半も釣り三昧

e0112722_20063214.jpg
ゴールデンウィークも終えて今日から通常の生活に戻られた方が多いと思います。

私も今年は日曜日以外の4日間は休みが取れましたので郷里へ帰省を考えましたが、民族大移動で高速道路の大渋滞がとても苦手なので即却下。それならば家族サービスに徹しようと、GW前半同様にカミさんと連休中に近所に引っ越してきたA君とともに山中湖へ行って来ました。










e0112722_20091942.jpg
4日前にも同じ船で釣りをしたばかりですので、カミさんも少しだけ釣り支度の準備が早くなったように見えて安心しましたが、その後に事件が起きようとは思わずに粛々と自分の釣り支度を進めていきます。

午前7時に出港をして30分程でポイントへ到着。船頭さんの合図でスリッドの蓋を開けて仕掛けと魚探の振動子を水中へ投入すると早速、穂先がピクピクとアタリを捉えています。魚探には群れを入っている表示が映しだされていましたが、あっという間に群れは通過。

その間にカミさんが多点掛けを何度かしてご満悦。いきなり10匹以上の釣果差でマジモードのスイッチオン。底鈎を付けて丁寧に1匹1匹釣っていく作戦で離された釣果差へ追いつきて追い越しましたが、そこで事件が発生。カミさんが使っていた電動リールのスプールに巻いてあったPEラインがバッククラッシュ。幸い軽症だったので治すことが出来ましたが、同じトラブルを何度もするので回避方法を教えるとバッククラッシュする事は無くなりましたが事件は続くのです。





e0112722_20063379.jpg
今度はPEラインが喰いこんでしまい、ラインを引き出そうと先が鋭利なピンセットでガリガリやり出したので止めようとした時にはTHE END。想像通りにプッツンです。予備のPEラインを持ち合わせがありませんでしたが、幸いな事に底まで届く分のラインが残っていたので切れたところに丸カンを結んでリーダーを接続して再開です。

これでホッとしたのも束の間。今度は電動リール本体からの異音発生。仕掛けやエサ交換の際に何度もリールを床や縁に落下させていたのが原因のようです。普段から物を壊すのが得意なカミさん。数々の物をこれまで壊していて別名「破壊王」の異名付きです(w

モーターを回す度に船内に響く異音で、乗船されていた方々にはご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。






e0112722_20063109.jpg
話は変わってこの日は以前に購入をしてあった新しい穂先を使ってみました。

無反発マテリアルを使った高負荷重対応の穂先です。

アタリの見やすさは売り言葉通り。面白いように魚伝が穂先に伝わっているのがハッキリ分かりました。





e0112722_20063363.jpg
一方、同行のA君ですがある程度ワカサギを釣った後に、まさかの手さぐりでワカサギを狙い出しました。氷上の桧原湖では見たことがありますが船内の隣で始めるとは・・・。

これでもか!って、いうぐらいに釣る姿に唖然です。

この日の竿頭はまたしもA君。3束以上釣っておりましたが、私はその半分にも届かず。





e0112722_20063206.jpg
2日後、再び山中湖へ。

この日は福島在住の釣り友達が日帰りで来るという事で、予定していましたリハビリをキャンセルしてアーマーさんに乗船しました。リベンジも兼ねての釣行です。

眼下に聳える富士山には笠雲がかかっていました。これは予報通りの雨風がある可能性大。ご機嫌斜めのワカサギも活性が上がりますので期待を大にして出船しました。





e0112722_20063294.jpg
ポイントに着きアンカーが降ろされると、いつものように船頭さんの合図でスタートしましたがアタリが無く全く釣れません。魚探にもワカサギの姿がまったく映らない時間が1時間程続いて船内からは溜息が聞こえてきます。そこに船頭さんから場所変えの声が掛かり仕掛けを巻き上げてポイント移動です。

ポイント移動後も厳しい状況は変わりません。

他の船も同様の様で、一部の船は昼頃に帰船したところもあった程です。

おまけに天気予報はしっかり外れて日中はピーカン。雨が降るって言ったのは誰!(w

最終の15時まで粘りましたが玉砕。





e0112722_20063338.jpg
山中湖でワカサギ釣りの帰りは決まって狭山茶ソフトを食べるのが流儀。

今回も立ち寄ってみますと、仙台から山中湖へワカサギ釣りに来ていましたSさんと遭遇。

朝方、山中湖のコンビニでも偶然にお会いしましたが、帰り道のパーキングエリアでもお会いするとは運命としか思えません。

来シーズンは一緒に釣りをする約束をして狭山パーキングエリアで解散。

厳しい修行の釣りとなりましたが、いい思い出ばかりのGWになったことは言うまでもございません。


[PR]

by oga179 | 2017-05-08 20:15 | Wakasagi


<< 久しぶりの平日釣行      暗転から好転へ >>