Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 10日

2週連続で・・・

e0112722_20001630.jpg

4月に入り早10日が経過しましたが、まだ渓流釣り解禁をせずにワカサギの呪縛から抜け出せません。例年ならば渓流へ足繁く通っているのに今年はワカサギ釣りに燃えている私の行動を見たカミさんが一言・・・。

「そんなに面白いの? だったら私も体験してみたいなぁ!」

と、言ってきたので昨日の日曜日、カミさんを連れて再び山中湖へ。実はエイプリルフールの1日にも雪景色の山中湖へ出かけておりましたが、多忙の為にブログの更新が出来ないままの今月2度目の山中湖へ行ってきました!






e0112722_20001594.jpg

1週間後の山中湖は時折雨が降る生憎の天気ですが、キャプテンのお話ですと前日までの数日は白波がたつほど大荒れだったとの事ですからラッキーでした。

今回お世話になったのは旭日丘観光さんの2号ドーム船。前回もお世話になりました。

前回の釣り座は左船尾でしたが今回は左船首。6:30過ぎに到着をすると既に受付を済ませたお客さんが次々に乗船していますので、急いで釣り支度を済ませていざ乗船です。

実は前回の釣行時、湖流対策の穂先とオモリを車に忘れる大失態をしましたので今回は自宅を出発する前から忘れ物が無いように、必要なタックルはバッカンに全て入れておきましたので今回は安心して釣りに臨めることができました。

午前7時に出船。ポイントへ向かう最中に釣り支度タイムに入りますが、連れは釣り自体未経験なので電動リールの使い方、仕掛けやエサの付け方を説明した後に自分のタックルの準備に取り掛かりましたが、既にポイントへ到着していて魚探のスイッチを入れると画面が真っ赤! 老眼と戦いながら釣り支度をしますが、フックが指に刺さったりして少し焦ったりもしましたが、何とか群れが通り過ぎる前に仕掛けを投下する事が出来て多点掛けが続きます。スタート時は2号袖鈎7本仕掛けのロングハリスに3号オモリを使用。連れには1.5号狐鈎5本ショート仕掛けとオモリは同じく3号を使いましたが、湖流が入ると3号でも幾分流されましたが釣りには問題はありませんでしたし、底まで11m以上ありましたので手返し良く釣るには底まで一気に落ちていく重さがある2~3号がベストと思った次第です。







e0112722_20001590.jpg

「ノルマ10尾ね!」

連れに伝えると初ヒットがダブルヒット。

その後も群れが入ってくる度にトリプルで掛けていて午前中のうちに何とノルマ達成。

私が1月に桧原湖デビューをした時とは雲泥の差ですな。






e0112722_20001646.jpg

魚探には時折、大小様々な群れが入って来るのが確認できて非常に便利。
長く群れが留まれば仕掛けの鈎が鈴なりなることもあって、そうなった時はいい気分になります。長らく楽しんでいるフライフィッシングには無い世界なので、初めて鈴なりで上がってきた時は非常に新鮮に感じましたねぇ。






e0112722_20001683.jpg

15時帰船まで穂先やラインに集中をしていた連れ。もしやハマったかも!?

帰路の車中での会話で聞いてみると、やはりハマったと(w

6月いっぱいまでワカサギ釣りが楽しめる山中湖へ家族サービスでお邪魔する事が増えそうです。

この日の結果は私が2束ちょっと。ワカサギ釣り初挑戦のカミさんが25尾。

帰宅して釣ったワカサギを天婦羅にして、冷酒とともに揚げたてを美味しく頂きました。
尚、今週末はワカサギではなく渓流へ行く予定です。

早くイワナとヤマメに戯れたいですなぁ♪







[PR]

by oga179 | 2017-04-10 16:30 | Wakasagi


<< 2017渓流解禁      シーズンラストは桧原湖へ >>