Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 09日

山中湖

e0112722_08061068.jpg
3月に入り早くも1週間が経過しました。
今月1日には渓流釣りが解禁となりましたが、ワカサギ釣りはシーズン終盤という事で先週末は山中湖へ出向いて参りました。
富士山界隈に来るのはホント久しぶりでした。最後に訪れたのは確か雑誌の取材で山中湖でフライロッドのインプレッションと、忍野で実釣シーンの撮影以来。更に過去には河口湖にニジマスが放流されていた頃や桂川でヤマメを狙っていた頃以来ですから20年近く時が経過しています。
夜明けの中央道を走行しながら・・・
「そんな頃があったよなぁ~!」
と、当時を思い出しながら車窓から見える光景を見て振り返ったのでした。







e0112722_08061065.jpg





e0112722_08061064.jpg
今回お世話になったのは“山中湖レストセンター”のドーム船。
受付で手続きを行った後、持ち込む荷物を確認してからの乗船です。
午前7:00には出港しました。





e0112722_08061152.jpg
土曜日ということで船内は満席。老若男女のワカサギ釣りファンが期待大でスタンバイをしています。
この日指定された釣り座は操舵室裏。角でしたので幾分スペース確保が出来てラッキーでした。
とりあえずこんな感じで釣り座をセッティング。
この日の為に電動リール、魚探を予約が取れた5日前に新規購入してしまいました。もう完全にドハマりです(w

スタンバイを終えると同時に船頭さんから釣り開始のアナウンスがありましたので、早速魚探をスイッチオン! すると群れが入ってきたことが一目瞭然で、すぐさま仕掛けを投入しましたがアクシデント発生。

ワカサギ釣りが初めての隣の方とオマツリです。まさかの投入0回で仕掛けはおじゃん。一瞬にして320円がパーになったとかは思っている時間はありません。超特急で仕掛けを取り換え、エサを鈎掛けした後のオモリのセット。13mジャストの底まで一気に落とす為とオマツリ防止に2g→4gへ変更していざ投下。しかし魚探からワカサギの群れは消えていたのでした(泣)

次の群れを待ちつつ単発で釣り上げていると再び群れが入ってきたようで、船内は大きな歓声が聞こえるようになってきました。魚探にも群れの反応がしっかり映し出されていて、6本鈎に6尾の鈴なりタイムの始まり始まり~♪

30分程のパラダイスタイムで1束達成。目標の3束は余裕?なんてニンマリするも、その後が続きましぇーん。






e0112722_19301897.jpg
とても長い沈黙時間が続いているので船内の様子を見て回りましたが、私同様に皆さんも釣れていません。

釣り開始から4時間ほど経過をした11時頃に小さな群れが入って10匹追加。ものの数分だけのプチフィーバーはあっけなく終了です。

またもや沈黙と忍耐の時間入り・・・

同じ姿勢が続いてエコノミー症候群ぽく感じてきたので、船外に出て軽いストレッチをしていると白鳥が近づいてきてコチラの様子を伺ってます。







e0112722_08061105.jpg
やる事がないので、少し早めの昼ご飯を取ることにしました。
穂先や魚探の変化を見逃さないようラーメンを啜りましたが、ハッキリ言って食べた気がしませんな。
最後の群れが入ったのは15時の帰船まで30分前。とにかく時間ギリギリまで我武者羅になって釣りまくりましたが残念ながらタイムアップ。トータル140尾。
桧原湖はまだしも、まさか山中湖でも厳しい釣りになるとは・・・。
有終の美を飾って今シーズンのワカサギ釣りを終えようとしましたが、まさかの返り打ち。
精神衛生上、めちゃくちゃ良くありません!!!!
GWまでスケジュールがギッシリですが、何とかスケジュールの再調整をして何とかラスト1回、どこかでリベンジを行えればと思う次第です。そんなこともあって私的に渓流釣り解禁が大幅に遅れます。
昨年以上にスロースタートにはなりますが必ず戻ってきますので、今しばし往生際の悪さを見守って頂ければ幸いです。

P.S 釣ったワカサギを撮影するのを忘れましたm(__)m



[PR]

by oga179 | 2017-03-09 08:48 | Wakasagi


<< シーズンラストは桧原湖へ      Revenge >>