Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 21日

Revenge


e0112722_19185879.jpg

前回の初ワカサギ釣りの屈辱を果たすべく、先月に引き続き桧原湖へ前回と同じメンバーで行って来ました。

今回はメンバー全員が本気モード。この日の為にタックルの見直しを行ない、桧原湖のワカサギについて調べつつ、自宅から一番近い円良田湖で自主トレを積み重ねてのリベンジ釣行です。

午前6時過ぎ、夜が明けたばかりの桧原湖北岸に仲間たちが集結。今回お世話になる阿部丸のドーム船へ。岸から一番沖合のところにドーム船があるので、覚悟をして氷上の湖を歩き出して数分後に、阿部丸さんのスノーモービルをたまたま発見。そのまま船まで送迎をして頂きました。










e0112722_19185996.jpg
前回の釣りでの敗因はワカサギのアタリが非常に取り難かったことです。

今シーズンの桧原湖のワカサギは5センチにも満たない当歳魚が多くて超激シブ!

とにかくアタリが解り易い穂先で挑もうと選んだのは“Wakasagi magicSHS001

使ってみて直ぐにピクピクと繊細なアタリを穂先が捉えてくれました。




e0112722_19185847.jpg

そして仕掛けは誘惑ロングに3~4gのオモリを選び、紅サシを半分以下にカット。

エサは釣れた時や15分おきに交換をするようにして、激渋ワカサギへアピール度を高める作戦で挑んでみました。





e0112722_19185890.jpg

棚は5メートル台。前回は12~3メートルの棚で釣りをしたので底に仕掛けが到達するのが早くて楽チン! 何故棚が低いのかを後々に阿部丸さんに伺ったところ、水力発電の為に湖水を使っている為だそうです。





e0112722_19185748.jpg

この作戦が活かされたのか飽きない程度にワカサギが釣れてきました。

終了時間30分前には穂先が直角に曲がる程の大物が掛かってしまい、とっさに素手でPEラインを掴んで魚とやりとりをしましたがあえなくラインブレイク。

おそらくヤマメ(サクラマス)かイワナ、またはバスが回遊するワカサギを襲ってきたと思われますなぁ。

残り時間も僅かですので、新しい仕掛けを出してまでも釣りをする時間は無いと判断。少し早めに釣りは終了して、友人たちの釣りを見学したりとしていたら終わりの時間に。

結果69匹。本当は70匹でしたが1匹リリースしてしまいました。

この日の竿頭が1束未満との事でしたから、我ながら上出来ですな。






e0112722_20133547.jpg

夕方、宿泊先の温泉民宿へ戻って冷えた身体を温泉で温めた後の宴会タイム♪

今回は反省会ではなく祝勝会です。ホントにみんなが良く釣りました!

お酒は5人各自の持ち寄りでご覧の通り一升瓶3本と4号瓶6本。合わせて約10リットルの計算になりますから、1人当たり2リットル呑めることに(笑)






e0112722_20133661.jpg

釣ったワカサギは今回も宿にお願いをして天婦羅にして貰いましたが、何と大皿2枚分!

自分たちで釣りあげたワカサギを肴に呑む酒は本当に旨いですなぁ♪

今回も多くの方々に良くして頂き、人情を強く感じた釣旅でした。

今シーズンは恐らくこの釣りで終了の予定です。11月解禁後には必ずや戻ってきます。

そして一番お世話になった仲間たちに感謝。また桧原湖でご一緒致しましょう!











[PR]

by oga179 | 2017-02-21 12:30 | Wakasagi


<< 山中湖      野鳥観察 >>