2016年 07月 25日

喜多方ラーメン&白河ラーメン

e0112722_13252279.jpg
この数年、帰省の度に必ず行う儀式。それはラーメンの食べ歩き(w
今回は福島三大ラーメンと呼ばれている喜多方ラーメン・郡山ブラック・白河ラーメンの中から、喜多方と白河で楽しんで参りました。









e0112722_13252957.jpg
最初は喜多方の“松食堂”から。
ズラリと長い行列が風物詩と坂内食堂の隣で営んでいます。お邪魔したこの日は喜多方の夏祭り初日という事も重なってか、15時前でもご覧の通りですが松食堂にもプチ行列が出来ていました。とは言っても10分も待たないうちに店内へ入ることができましたけどね??





e0112722_13254038.jpg
ラーメン(¥600)。
見た目はごく普通ですが、この一杯に惚れ込んだ時期がありました。
両親や親戚、そして喜多方を観光で行くという友人などに一押ししていた店でしたが、両親から味が落ちたと聞いて今回、味の確認を兼ねて数年ぶりに暖簾をくぐってきましたが、出された丼に口をつけてスープを啜って安心しました。まったくもって松食堂の味です。
女性店主がつくるラーメンは何とも優しい味に、ほっと致しました。





e0112722_13255835.jpg
続きまして同じく喜多方・“喜一”。
こちらは先月の帰省釣行の際も立ち寄らせて頂きましたが、呑んだ翌日は塩な気分になりましたので連れを叩き起して朝ラーへ行ってきました。
移動中は前回同様にSioラーメンにしようと思っていましたが、お品書きを見て予定変更(w。 塩スープに辛味噌を溶かして食べる赤魂(¥700)に変更です。
この辛味噌、どの家庭にも常備しているほど会津ではポピュラーな味噌。当然、我が家の冷蔵庫にも常備してあります!
よく使われるのが醤油に辛味噌を好みの量を溶かして馬刺しを食べるのが会津流なのですが、味噌や豚骨では何度か経験がありますが塩ラーメンは今回初。どんな味変になるのかが楽しみながら頂き、今回もまた五臓六腑に沁み渡りましたなぁ♪





e0112722_13254956.jpg
実は喜一へお邪魔した際に珍事があったのです。朝9時過ぎに到着すると駐車場がいっぱいだった為、連れが先に入店して予約をしてくると言うので駐車場の空きが出るまで車で待機していたのですが、駐車を済ませて私も店内へ入ろうとすると完売を知らせるお知らせが入口に。連れが店内で待っているという事はギリギリセーフと思い込んでいたのも束の間、店員さんから「申し訳ございません。本日終了となりました!」と、言われて愕然としたのですが、それ以上に連れが放心状態。そんな状況を見てか店員さんからキャンセル枠を特別に空けてくれたのです(w 
いつもは連れの天然さに呆れることばかりですが、今回は連れのおかげで口にする事ができました。プチ感謝ですな!





e0112722_13261161.jpg
次は白河ラーメン。
と、言っても向かったのは白河市北東部の西白河郡矢吹町で営む“つむら家”へ。
数年前に1度お邪魔しましたがまさかの臨時休業で断念したのですが、今回は再度お邪魔してみましたが臨休ではなく営業していて安堵(w。 開店時間の11時少し前に到着したのですが、既に多くのお客さんが店前に並んでいます。残っていた1台分の駐車スペースに車を止めると開店となり、並んでいたお客さんは続々と店内へ。私も最後尾から店内へ入りましたが、その後からいらしたお客さんは外待ちとなり、ここでも運を使ってしまったと思いつつ求めていた一杯を注文したのです。





e0112722_13262247.jpg
中華そば(¥700)。
これぞ白河ラーメンの味!醤油の香ばしさが感じるスープに白河ラーメン独特の赤いチャーシュー。そして季節の野菜がトッピングされています。
無口で黙々と鼻水を垂らしながら熱々なラーメンをすする。この日、外気温は30℃を超えた真夏日。汗だくなって完食した達成感は爽快そのもの。
大変美味しゅうございました。





e0112722_198378.jpg
続きまして白河ラーメン2杯目は何と連食。
つむら家さんで味わった後、そのまま家路につく筈でしたが、どうしても食べ比べをしたいと言う連れ(w。
スマホを駆使して選んだのが白河市内・南湖公園近くの“手打ち中華すずき”へ。
某飲食店口コミサイトでベスト3に輝いているので期待大ですな。ところが着いてみると多くのお客さんで賑わっており入店するまで約1時間待ち。ここーまで来たら引き下がる訳にはいきません。





e0112722_13263176.jpg
手打ち中華(¥700)
こちらでも無難にスタンダードな1杯を選択です。ベースとなるシンプルなラーメンを食べれば店の味が判ると個人的に思っていますので、他のラーメンにブレずに即注文。
待っている間、思ったのが喜多方のスタンダードラーメンは大抵650円。一方、白河は700円の店が多いかと。価格設定は横並びなのでしょうか?
で、肝心の味は最初にお邪魔した「つむら家」さんとは別物ですが、こちらも白河ラーメンらしい醤油が引き立った味。見た目、濃い目に見えますが食べてみるといい塩梅なのです。
炎天下の下、並んだ甲斐がありました!
お腹一杯!胸いっぱいの中、ゲップを堪えながら無事に帰路につきました。
今回も+2kg増になって帰ってきたことは言うまでもございません。
食べ物が美味しいところに行く度、度が過ぎてしまいますな??





e0112722_13264541.jpg
P.S 番外編は会津若松市内・“お食事処 三太郎”。





e0112722_13265946.jpg
ソースかつ丼(¥800)。
友人が営む家庭的な店。会津山塩ラーメンと脳内バトルをした挙句、選んだのはソースかつ丼。ミニソースかつ丼を何度が頂いたことがありましたが、この日は米モード(w。
自家製の余蒔キュウリのモロキューをサービスして頂きましたが、瑞々しくて美味しいこと。ソースかつ丼とのマッチングが最高ですが、出来れば地酒を呑みながらアテにしたいところでしたね。
次回は釣りも兼ねて帰省したいところですが、いづれの渓も渇水なのが気になるところです。
[PR]

by oga179 | 2016-07-25 19:15 | 美味しいもの


<< NODATE mug      会津冷やしラーメンと夏祭り >>