Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 16日

食べ歩き

e0112722_1251258.jpg
会津釣旅が終わってから早いもので半月が過ぎました。
1週間もの滞在でしたので今回もまたラーメン中毒を欲しまして、またもや・・・・

ラーメンの食べ歩きをしてきちゃいました♪

トップバッターは会津若松市“あたごや食堂”さんにて、手打ち醤油ラーメン(¥650)。こちらには5年前の秋、東山温泉へ向かう途中に通りかかった時に初めて暖簾をくぐったのが始まり。モチモチした食感な手打ちの麺に少々濃い目のスープが麺と良くマッチします。その味が恋しくなった今年の6月、両親に話したところ是非と食べてみたいとの事になり、その日のランチに店へ向かったのですが、いざ着いてみると今まで見た事がない光景が飛び込んできました。何でも地元テレビ局の特集で放送したとの事で、それを視聴した方々が殺到。泣く泣く断念をし、別な店へ向かった次第。あれから3ヶ月、もう賑わいは治まっただろうと昼もとうに過ぎた14:00近くに再訪してみると流石にお客さんは居らず、目論見通りの展開。
店主の奥様から連日お客さんで殺到していた頃のお話を伺いながら、久しぶりに対麺したThis is a会津ラーメン。懐かしさを感じる故郷の味にほっこりさせて頂きました。











e0112722_12513345.jpg
2杯目は同じく会津若松市内の“三太郎”さんにて、醤油ラーメン(¥600)とミニソースかつ丼(¥350)。8月に初訪問させて頂いた以来の2度目の再訪です。
お邪魔した時は丁度、会津まつり開催3日目という事もあって市内中心部の道路事情は渋滞の嵐。お腹と背中がくっつきそうになりそうになったほど、お腹ペコペコの中でお邪魔しました。
昼時真っただ中という事もあって、既に多くのお客さんがいらしています。今回は急ぎ旅ではないので時間は余裕です。スマホやテレビを見て時間を潰している間に注文した品々が運ばれてきました♪
地元会津の小西製麺所で作られた平打ち縮れ太麺を茹でる直前に、手揉みをしてから茹でているので、麺の食感が劇的にモッチリして更に美味しくなるのです。スープは喜多方より濃い目で濃厚なのが会津ラーメンの特徴で、こちら三太郎さんも会津ラーメンの特徴を奏でていてスープをすすれば心がホンワリしちゃう1杯。そしてソースかつ丼も柔らかいジューシーな豚肉を使っているので旨くない訳がございません。





e0112722_12514594.jpg
3杯目はラーメンファンの聖地、喜多方から。
昨年オープンしたばかりの店“うめ八(うめや)”さんにて朝ラー。
当初はSIOラーメンで有名な店を検討していたのですが、まさかの臨時休業。途方に暮れようとした時に頭の隅から浮かんだのはこちらの店でした。
この日は朝から晩秋を思わせるような冷たく寒い朝を迎えました。明け方、あまりの冷え込むに目が覚め、1時間は温泉で身体を温めた後に早めのチェックアウト。目的はただひとつ、朝ラーを食べるためですな(w
午前9時頃に入店しましたが、生憎の天気だというのに駐車場はほぼ満車。幸い1台分の空きがあったので止める事が出来て一安心。そそくさと店の中へ入るとオープンしたてという事もあってか、綺麗な店内です。
初麺に選んだのは醤油ラーメン(¥600)。初めての店ではやはりスタンダードからが基本ですので~。
オーダーして待つこと10分、ラーメンが運ばれてきました。早速スープを一口。喜多方ラーメンらしく、さっぱり感が出ていますが、不思議とコクもあってまろやかな仕上げのスープに多加水麺がよく絡むこと・・・。
身体も温まった上に満腹で大満足。ごちそうさまでした!





e0112722_1252129.jpg
4杯目は蕎麦屋がつくるラーメンを。
うめ八さんと同じ、喜多方市内にある蕎麦屋“菊水”さんへ。こちらも初めてお邪魔するので無難にラーメン(¥600)。その後、メニューを見ると「こたスペ(¥100)」というトッピングが気になったので追加注文。刻みチャーシューと刻みネギ、メンマの3品がセットになったものでした。
そしてこちらでは麺を普通か太麺を無料で選べます。そんな事ですので、せっかくですから太麺にしてもらって出てきたのはコチラ。
蕎麦屋が作るラーメンは出汁が効いていて和風テースト。風味を味わえられる1杯でした。ちなみに味噌ラーメンと蕎麦、そして会津の郷土料理でもある鰊の天婦羅も美味しいとの事。次回の楽しみが増えちゃいました??





e0112722_1254441.jpg
5杯目は会津美里町、伊佐須美神社近くで営む“生江食堂”さんで朝ラー。この日は会津若松在住の友人と一緒に数年ぶりにお邪魔しました。
私は中華そば(¥650)+ワンタン3個(¥100)。友人はこの店イチバンのオススメ、ワンタン麺(¥800)を注文。ちなみにワンタン麺はワンタンが6個入で、私も初訪の時はワンタン麺を頂きました。
濃いめの煮干し出汁がインパクトあるスープ。そして自家製の多加水麺とワンタンがプリップリでモッチモチ! ワンタンを噛み締めると中から肉汁ブシャ〜。スープとよく絡んでうんまいですわ☺️





e0112722_12524948.jpg
6杯目は南会津町、会津高原駅近くの“アルカディア”さん。
こちらも再訪となりますが、以前は会津田島駅近くで営まれれいた頃。数年前に舘岩方面に向かう途中、国道沿いに見覚えがある看板を見つけて移転をした事がわかりましたが、何度も通過するばかりで再訪するチャンスに恵まれませんでした。そんな中で今回、釣旅の最終日で最後の悪足掻きとして選んだ檜枝岐の渓で昼過ぎまで釣りを楽しんだ後、家路に着く途中に暖簾が出ていた事とランチを済ませていなかった事もあって躊躇する事なくピットイン(w
実はアルカディアさん、先月の水害で被災。それでも20日から営業再開をされたとの事で頭が下がります。
とりあえずは醤油ラーメン。2種類の国産小麦粉、米粉、片栗粉、山芋、海苔、蜂蜜、玉子をふんだんに使った自家製麺は超もっちり、つるつるの絶品麺を大盛りで??(大盛りも普通盛りと同額です!)
大満足の1杯は会津ラーメン食べ歩きのラスト。今回もまた体重増で現実の世界へ戻ってきましたが、3日後には元へ戻ってしまいましたけどね・・・(^^ゞ
会津のラーメン、旨過ぎです♪
[PR]

by oga179 | 2015-10-16 12:25 | 美味しいもの


<< 晩秋の会津紅葉紀行      1200km渓巡り >>