Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 02日

泉川と甦る

e0112722_1875359.jpg
突然ですが“泉川”という酒をご存知でしょうか?
会津若松市の隣町、会津坂下町で造られれおり、町内には先月末に発表された全国新酒鑑評会で金賞受賞をされた豊国酒造を始め、“天明”や“一生青春”の曙酒造もありまして米処・酒処です。そして皆さんの中でも知っている方も多いかと思われますが、あの幻の酒“飛露喜”を造っている廣木酒造も会津坂下に蔵元を置いていて、この泉川は福島県内用として販売されている銘柄なのです。ラベルこそ違いますが味は飛露喜そのもの。正確には微妙に違うのかも知れませんが、私にとっては数ある会津の酒の中でもThis is a AIZUを感じる1本と思っております。








e0112722_188661.jpg
次は、いわき市から北に位置する双葉郡浪江町で酒造りをしていた鈴木酒造店の酒“甦る”。
この鈴木酒造店は先の東日本大震災で酒蔵があった請戸蔵が津波で壊滅的な被害と、原発事故による避難地域に指定された事も重なり、現在は福島を離れて山形県長井市で酒造りを再開しています。
その長井市に避難してきた方々が育てた米で仕込んで作り上げたのがこの“甦る”という酒。





e0112722_13122476.jpg
甦るの詳細は瓶の裏ラベルにも記載されてます。
今年は約2000本限定との事です。





e0112722_1881769.jpg
この2本、会津若松市内にある酒屋さんへ立ち寄った際に売られていたのを見つけて即買いした酒でしたが、どちらも酒も甲乙つけ難い素晴らしい味わいでございました。
既に2本とも飲み干してしまいましたので、この週末から予定しています会津釣行の際にでも仕入れてこようかと思っております(w
[PR]

by oga179 | 2015-06-02 13:35 |


<< 伏流水の渓へ      原点の渓へ >>