Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 16日

幽霊谿の秩父イワナ

e0112722_10105113.jpg
「秩父イワナって知ってる?」
秩父に住む釣り友からの言葉にどんなイワナなのか釣ってみたい!と、秩父での釣りを約束してから数年が立ち、今回ようやく約束を実行する事が出来ました。
向かったのは奥秩父の某沢。大昔、強制労働を強いられたら労働者が数多く亡くなり、その御遺体を渓へ埋めた事から幽霊谿とも言われていとか。車止めから入渓口まで、そんな話を聞きながらの移動はクール感を向上させて頂いた上に、ツキノワグマも多く出没するエリアという事も付け加えられて、スリルと恐怖満点の釣りでございました。








e0112722_1011347.jpg
案内して頂いた渓に降り立つと「何か出そう・・・」な空気が流れてきます。アップテンポで釣り登っていくと今度は獣臭が。恐怖が現実となる前に今年2度目の爆竹のお世話に。中華街で買ってきた爆竹だったのですが、通常の爆竹と異なり音が半端なくデカイ。鳴り止んだ後、耳鳴りがしばらく続いた程です(w
しばらく釣り登ってくると複数の流れが交わる岩盤底に定位していたイワナを発見! いやらしい流れをどう交わしてフライを流し込むかが肝となり、ミスキャストなんぞしたら折角のチャンスが水の泡です。流れの潮目にフライが漂うようにテッペットを長めに張り替えてイザ勝負。イワナは何の警戒もなく#12のブラックパラシュートを丸呑みしてゲームセット。目標にしていた秩父イワナと初御対面となりました。





e0112722_15204928.jpg
ボクが釣ったイワナは友人曰く奥武蔵系だとか。帰宅してからネット上で秩父イワナについて調べてみたのですが、秩父には2種類のイワナが生息している模様で、ニッコウ系の地方亜種の奥武蔵系。そしてヤマトイワナの交雑種が奥秩父系と分類されているそうです。そう言えば上野村でもヤマト系のイワナが生息していた事が何かの資料で目にした覚えがあります。ニッコウイワナ圏内に住み、釣りを楽しむ者にとって秩父イワナは魅了されそうです。次回は是非とも奥秩父系のイワナに逢いたいものですなぁ。
[PR]

by oga179 | 2014-07-16 15:25 | FlyFishing


<< 大増水に泣かされた3日間      初夏の三陸 >>