Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 19日

恵み

e0112722_8265219.jpg
先週末の2日間、1泊2日のプチ贅沢をして上野村へ。4月下旬にオープンしました“本谷毛ばり釣り専用区”とC&R区間を釣り歩いて来ました。
初日は本谷毛ばり釣り専用区へ向かいましたが、平日だというのに満員御礼の全区間が予約されていました。相変わらずの人気ぶりに驚かされます。今季初の本谷での釣り。フォレストグリーンに染まった渓へ心躍りながら降りたのでした。








e0112722_827164.jpg
午前中は予約した区間を丁寧かつ、ゆっくりと釣り上がるのが本谷での釣り方。今季も開設して1ヶ月近く経っていますので渓魚たちもフライに対して相当学習を積んでいる筈。大小あるポイントを細かく探っていけば何かしら渓魚の反応があるのが嬉しものです。とは言うものの、1投目に尺イワナが出てきてくれて幸先良いスタートかと思いきやファイト中にオートリリース。先週の男鹿川での釣りに引き続き、バラシ癖の祟りが取り憑いているような・・・(汗) ま、それでも十分と言ってもいい程、ここで再生産された多くのイワナやヤマメたちの顔を拝見できたので満足ですなぁ。
クローズする17:00まで全区間釣り歩いたせいか、足腰がガクガク状態。速攻で宿へ向かった後は温泉でケア。これが最高に気持ちいい!。その後は釣り疲れと夕食時に頂いた地酒の力もあってか、
翌朝まで熟睡でございました〜♩





e0112722_8271388.jpg
2日目はキャッチ&リリース区間へ。前日に引き続き天候には恵まれましたが些か風が強めでしたが、初夏を思われるような陽気となり、渓流釣りのハイシーズン突入を感じながら上流部区間の上下の瀬を叩いてみる事に致しました。
それにしても雪代の影響で増水気味だった水量が、一気に減ってしまっているのが気にかかりますなぁ。





e0112722_8345852.jpg
瀬では散発ながらライズも確認できましたが、ブラインドでフライを流してもヤマメが反応してくれるので楽しめました。
春先に成魚放流されたヤマメも瀬に入り、流下してくる水生昆虫を無心に補食しています。この日はガガンボを手当たり次第に喰い付いており、そのシーンを見ているだけでもワクワクしてきます。
そんな高活性な状況ですので、ガガンボを模したドライフライをライズを繰り返すレーンに入れてやれば一発!。糸鳴りもする程の引き味に放流魚とは思えないパワーを感じました。





e0112722_196210.jpg
昼過ぎまで釣りを楽しんだ後は、高速の渋滞を避けるべく早めに帰宅する事に致しました。帰り道、上野村漁協へ御挨拶に伺ったところ、とれたての山菜を発見!。あまりにも美味しそうでしたので大人買いしてしまいました(笑)。





e0112722_11102977.jpg
帰宅してからワラビの灰汁取りがありますので口にしたのは昨夜。山の恵みを口いっぱいに感じながら会津の地酒「榮川」が恐ろしい程に良く合い、自宅で至福の時を過ごしたのでありました♩
[PR]

by oga179 | 2014-05-19 12:30 | 神流川


<< Iwana Fes      新緑の渓へ >>