2014年 01月 28日

冬の三陸へ

e0112722_11593415.jpg
先週末は陸前高田市と大船渡市を旅して参りました。この地を訪れるのは半年ぶりになります。
深夜の東北道を北上して一関インター下車。そこから気仙沼を経由し国道45号線を走ること約8時間の長旅となりましたが、無事に陸前高田に到着です。出発前の予報では晴れるとの事でしたが、着いてみると雨雲に覆われており、時折ポツポツと雨粒が落ちてはきましたが幸いな事に本降りになるという事は避ける事ができました。









e0112722_11594873.jpg
“奇跡の一本松”界隈は昨年に比べると復興に向けての作業が進んでいるように思えましたが、いざ一望できる高台から見る光景は今でも言葉が浮かばない程の惨状が起きた事が一目で解ります。出るのはただ溜息ばかり・・・。
改めて自然災害の恐ろしさを強く感じた次第です。どう足掻いても我々人間は自然に勝る事ができない事を、まざまざと見せつけているような光景に胸が痛みます。






e0112722_120085.jpg
そして陸前高田から移動してきたのは、こちらも半年ぶりの大船渡市越喜来へ。
こちらもまた東日本大震災での大津波で甚大な被害が大きいかった所。
写真奥に見えるのが三陸鉄道の三陸駅になりますが、その真下まで津波は襲ったのです。
こちらも復興に向けての復旧工事が、前回訪れた時と比べると少しずつですが進捗しているようです。






e0112722_1201010.jpg
作業は陸地だけではなく湾内でも工事が始まってました。
将来の三陸はどうなっているのかな?
しばしその場で考えてはみたものの未来予想図も浮かんできません。とにかく1日でも早い復興を願うばかりです。
[PR]

by oga179 | 2014-01-28 11:33 | Love TOHOKU


<< 冬の三陸へ(2)      魅了 >>