2013年 11月 19日

秋から冬へ

e0112722_20304442.jpg
放流されて1ヶ月以上経った40オーバーのニジマス。10月から開設された“神流川オフシーズン・ニジマス釣り場”ですが、10月中は3つの台風の影響で河川は毎週大増水。釣りどころか一時、村は孤立する程の災害になってしまいましたが、ようやく今週になって再開する事が出来ました。放流したニジマスのほとんども流されてしまったのではないかと心配しましたが、実際に流れに立って釣りをしていみると追加放流したニジマスとの違いが明らかです。
台風と大水に耐えたニジマスの引き味は最高に楽しめました。









e0112722_20313386.jpg
本来ならば紅葉が見頃の頃に釣りを楽しみに来ているのですが、今季は今回が初釣行。残念ながら紅葉シーズンは過ぎてしまい、落葉した絨毯の上を歩きながら川へ向かいました。
この日、午前9時段階で気温は3℃。ダウンを着込まないと寒くてたまりません。聞けば数日前には氷点下まで下がったとの事。そのせいで路面が一部凍結をしてスリップ事故が多発したそうです。上野村は秋から冬へ移り変わりの時期を迎えていました。






e0112722_20315367.jpg
今回、初めて気が付いたのですが、上野村漁協が運営している“上野村ふれあい館”に電気自動車用の急速チャージャーが設置されていました。という事は、電気自動車を乗られている方も安心して上野村へ来られますね。
これからの季節、場所や天候によって凍結する箇所もありますので、滑り止め対策も考慮して筋肉質のニジマスに逢いに行かれてみては如何でしょうか。
[PR]

by oga179 | 2013-11-19 09:11 | 神流川


<< 山田うどん後、コイ釣り。      晩秋の秩父へ >>