Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 14日

晩秋の秩父へ

e0112722_1124787.jpg
思い返せば禁漁に入った10月から今日にかけて休みの日は100%悪天候続きでした。その間、貯金は減る一方でしたがストレスは溜まること。首を長くして待っていた今週火曜日、やっと晴れてくれました!
もう、めちゃくちゃ嬉しいの一言。この時が来るのをどれだけ待った事やら。
明け方前にはルンルン気分で起きてくると、ソソクサと釣り支度を済ませて自宅を出発。向かったのは、秩父漁協が運営するフライフィッシング専用エリア“秩父フライフィールド”。約2時間半のドライブで到着です。









e0112722_23452371.jpg
当日は秋晴れには恵まれましたが、今季一番の寒さ。車載の外気温計は5℃を示していましたが、いざ車から降りると体感的にはもっと低く感じるほど。道中、対向車の中には霜に覆われていた車も見かけていましたので、それ相当の覚悟はして来ました。ウェアも渓流解禁時に愛用している防寒ジャケットで寒さ対策はバッチリ。早々と釣り支度を済ませ、初めて訪れたエリアを全て釣り歩いてみるべく最下流部を目指して渓歩きのスタートです。
まもなく紅葉が見頃を迎えようとしている浦山川。周りの景色も同時に楽しみながら渓を歩いたのですが、たかだか1ケ月半のブランクは大きいものです。滑りやすい川底に足元を取られながらのウエーディングがぎこちないっ!もう自分でも情けなくなった程です。
ガッチガチの身体に鞭打って辿りついたエリア中間に差し掛かった所、漁協が造られた人工産卵場がありました。所々でヤマメのペアリングも目撃しましたが、少々遅過ぎな感じ。組合長に伺ったところ、今年は水温が高めで遅れているとの事。どおりでイワナは元気いっぱいな訳です。






e0112722_23453321.jpg
釣りの方は言いますと・・・
爆釣でした。

#18~20のドライフライで面白いようにニジマスが出てきてくれましたが、グッドサイズのニジマスは一度も姿を現せてくれませんでした。それでもボク的には満足。約4時間程の釣りでしたが完全にリフレッシュ出来ましたし~。
やっぱり釣りは楽しい♪
[PR]

by oga179 | 2013-11-14 01:50 | FlyFishing


<< 秋から冬へ      遡上と産卵の裏には・・・ >>