2013年 07月 29日

三陸・越喜来へ

e0112722_16282265.jpg
昨日一昨日の土日、岩手県大船渡へ1泊2日の旅へ行って参りました。
日本初の第三セクター、通称“さんてつ”と呼ばれている、三陸鉄道・三陸駅ある大船渡市越喜来(おきらい)地区。
リアス式海岸の中にある越喜来湾を含めた地域の今を見学させて頂きました。








e0112722_14132745.jpg
ご存知かと思いますが、2年前の東日本大震災で発生した大津波で甚大な被害が発生しました。
津波に呑まれた時刻に止まっている壁掛け時計が、何かを訴えかけているように思えてなりません。





e0112722_14134316.jpg
越喜来湾へ向かってみると、襲いかかってきた津波の威力がよく解ります。分厚いコンクリートの壁や防波堤までも木っ端みじん。到底人間には勝ち目はありません。





e0112722_14144186.jpg
ハングル文字のパッケージを発見。日本海側から回ってきて辿り着いたのでしょうか?





e0112722_15195016.jpg
街を再建している中にあった不思議な建物を見つけました。地元の方に、この建物について伺ったところ有志の方々が震災資料館兼子どもの遊び場として作られたそうです。





e0112722_15195976.jpg
この手作り看板、素敵じゃぁないですか!
ボクもこの看板を見て以降、序々に越喜来の素敵さと素晴らしさを肌で感じる事になったぐらいですから♩





e0112722_1520862.jpg
お隣、陸前高田の“奇跡の一本松”が有名ですが、ここ越喜来でも津波を耐えたポプラの木が聳えたっておりました。
何と表現すればいいのか解らないのですが、この木から勇気と力を貰ったような感じになったのです。厳しい現代社会、イラっとする事も多々ありますが、そんな時はこのポプラを思い出せば解消できるような気がします。





e0112722_14145531.jpg
改めてにはなりますが、大震災で被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
そして何よりお伝えしたいのは、地元の皆さんが元気いっぱいな事が嬉しかった。とかく気落ちしていると思われがちみたいですが全くそんな事はありません。

“百聞は一見にしかず”

被災地に行かれた事がない方がいらっしゃいましたら是非この夏休み、社会見学に行かれて見ては如何でしょうか。ボク的にも行ってよかったと思えた程、とても実のある旅でございました。
[PR]

by oga179 | 2013-07-29 16:35 | Love TOHOKU


<< 三陸・越喜来へ(2)      暑中お見舞い申し上げます >>