2013年 04月 19日

山吹の咲く頃

e0112722_18554141.jpg
昔から山吹が咲く頃が釣りは最高の時期と言われております。
今年は記録的な早さでやって来た春。神流川が流れる上野村でもサクラが咲く前にヤシオツヅジが開花していたりと変な晩春です。そして山吹の花も満開状態。
今回は山吹が見頃を迎えた神流川を釣り歩いてみる事にしました。









e0112722_18555630.jpg
この日の日中は気温が上昇して薄手のシャツ1枚で十分。少し動くだけで汗が出るような陽気にベストシーズン到来を身体いっぱいに感じつつ渓の様子を伺うと、何と至るところでライズ・ライズ・ライズ!!!!
そろそろ瀬でも出るだろうと、プールの釣りは度外視して挑みましたが、これほどの多くのライズを見るのは久しぶりです。
6.5Xのティペットに#16のパラシュートを結んで反応の様子見と、瀬のスジにフライを入れて流すと100発100中でヤマメたちが反応してくれたのです。それも出てくれたヤマメは再生産されたヤマメがほとんどでした。






e0112722_1856788.jpg
もう何匹釣ったのか判らなくなった頃、ドッポーン!と一際大きめのライズを発見。同じシステムで同じフライでフライを流し込んでみると、またまた1発でフッキング。キューンと糸が鳴ってローリング。
釣れたのは栄養状態オーバー気味の太った9寸程のヤマメちゃん。プクプクしたお腹が気持ちよかったですなぁ(笑)






e0112722_18561584.jpg
こんな腹になるまで何食べてるのだろう?
おおよそ察しはついてましたが、念のためにサンプリングして確認しようとストマックポンプを挿入してみると、何かの塊にストマックポンプが詰まったのです。
水を多めに再度挿入してみて出てきたのはコチラ。
その後もライズは激しく続いてましたが、釣りは十分楽しめましたので帰路に着く事に致しました。
帰宅後は祝勝会。3時間程の釣りでしたがホントに満たされた1日。
「山吹が咲く頃は・・・」
その意味通りに改めて体感した釣りでございました。
[PR]

by oga179 | 2013-04-19 12:41 | 神流川


<< GWは安近短      “本谷毛ばり釣り専用区”開幕 >>