Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 09日

Iwai New Fly

e0112722_23374978.jpg
先日、岩井渓一郎さんにお会いしました。
岩井さんにお会いするのは2年前の神流川解禁日以来でした。
そんな岩井さん、来年には赤いチャンチャンコを着る御歳になるとか。どうりでボクもジジィになる訳です。
その岩井さんから近況を伺うと新たに開発したフライで渓流釣りをしているとの事で、最近も南東北へ出かけていたそうです。
その新作フライを岩井さんが「見る?」と、ボクに自作フライボックスを渡してきました。
フライボックスを開けてみると、そこに入っていたのは・・・・







e0112722_1355851.jpg
「今度は蝉!」
にこやかな笑顔で岩井さんが、蝉フライについて説明をし始めました。
サイズはL・M・Sの3パターン。Lはブラックバスやニュージーランドなどのビックサイズ用で、MとSは国内の渓流用。先日の南東北ではこの蝉フライを用いて尺イワナを連発したとか。
この日も尺イワナが蝉フライに喰いつく瞬間を拝見させて頂きました。
ドラックがかからないようにフライを必ずお尻から流す事。サイズが大きいので、ドラックがかかれば魚が怯えて逃げてしまうそうです。その為、リーダーとティペットは全長で20ftは最低必要。フライをお尻から流すのでティペットのシルエットは関係なし!よってティペットは3~4Xで十分との事です。

今回、岩井さんから「ブログで紹介してよ」と要望があって書いてみました(笑)
こんな感じで宜しかったでしょうか?
[PR]

by oga179 | 2012-08-09 02:03 | FlyFishing


<< 尾瀬      避暑谿 >>