2012年 08月 04日

夏の會津

e0112722_1143179.jpg
先週末から1週間、猛暑の首都圏を飛び出して、産まれ故郷の会津へ行って来ました。
はっきり言って夏の会津も暑いです。しかしソレはそれ!ジメジメとした暑さではなく、カラッとした暑さが会津の夏。
「暑さも含めて会津を楽しもう!」と、縦横無尽に駆け巡って来ました。








e0112722_115451.jpg
南会津町に残る曲家集落。
幼少の頃に見た光景が未だ残っていて、臭いまでもが当時のまま。
感動の末、何度も何度も深呼吸してしまいましたよ~。





e0112722_1151361.jpg
これも懐かしや~!
祖母の玄関にもあったよなぁ~。






e0112722_1153119.jpg
藁葺き屋根の家には必ず囲炉裏があります。
その囲炉裏から放たれる煙が、屋根をはじめ家中に付く害虫駆除になると幼い頃に聞いた事があった。
今風で言えばバルサンみたいな感じかな。





e0112722_1153673.jpg
深い山間の小さな集落脇を流れる渓の水はクリアで冷たかった。
カメラを持って歩いていたら、集落に住む老夫婦から「お茶飲んでいけ~」と、声を掛けられて異様にデカイ縁側でキュウリの浅漬をお茶請けに談笑。見知らぬよそ者に声を掛けてくれるのも会津ならでは。ゆったりとした田舎時間が流れていきます。





e0112722_1194362.jpg
その老夫婦からやってみろ!と言われて、庭先を流れる渓に降りてロッドを振ってみると1投目で7寸程のヤマメが挨拶に来てくれました。
「もっと先に進めばイワナが居るぞ」と、おじぃちゃん談。
おじぃちゃんも昔はテンカラを嗜んでいたというが、リュウマチを患ってからは竿を出していないと。
イワナは次回へのお楽しみにとっておいて、今回はこのヤマメ1匹で釣りはお終い。





e0112722_1155161.jpg
この日の宿へ向かう途中、会津鉄道・芦ノ牧温泉駅のネコ駅長「ばす」へ挨拶に立ち寄りましたが、何だか夏バテの御様子。





e0112722_11202150.jpg
夜、会津若松市内の居酒屋で下郷産の高麗人参天を肴に、会津坂下の幻の地酒“飛露喜”で喉を潤します。
この飛露喜、あまりにも希少な地酒の為、地元でも入手困難の為に1人2合までの縛り付きではありましたが、この上ない至福の夜となった事は言うまでもございません♪♪♪
[PR]

by oga179 | 2012-08-04 22:47 | Love TOHOKU | Comments(5)
Commented by ぐっぴょん at 2012-08-05 15:43 x
こんにちは

先日はお世話様でした!!!
いつまでも変わらない風景に 現代人はホッとさせてもらえますね♪
「ばす」にも会えたのですね! 確かに暑そう(^▽^;)
最後の写真・・・ほくほくの朝鮮人参はおいしかったなぁ〜ヾ(=^▽^=)ノ
機会があったら また飲みたいですね♪
Commented by ぐっぴょん at 2012-08-05 15:46 x
あっ リンクありがとうございました
遅れましたがこちらも貼らせていただきました

Commented by 練馬の住人 at 2012-08-05 21:03 x
ぐっぴょんさん ようこそいらっしゃいました!
会津に幾度に、釣りと光景に心の洗濯をさせてもらってます。
もちろん、エセ小原庄助さんになるのも楽しみのひとつですが…(笑)
震災以降は頻繁に帰省してますので、また是非呑みに行きましょう!それと福島のB級グルメ旅も楽しみにしてま〜す♩
Commented by kobochan28 at 2012-08-07 22:39

こんばんは。

心温まる会津の地と渓魚と地酒と・・・
まさしく達人です。

納税完納って、 固定資産税のでしょうか・・
これもまた味がありますね   笑



Commented by 練馬の住人 at 2012-08-08 14:41 x
kobochan28さん こんにちは〜
会津は数多くの酒蔵を持ち、民謡「会津磐梯山」でも小原庄助が朝酒で身上を潰したと唄われる程の呑兵衛の聖地でもあって、かつ「会津3泣き」という言葉もございます。
本当にいい所ですよ〜♩
納税完納、ボクもそう解釈してます(汗)


<< 避暑谿      トンボの楽園 >>