2012年 07月 01日

3度目の正直

e0112722_1830679.jpg
此奴に逢いたかった・・・

先週の台風上陸後からクローズが続いていた“本谷毛ばり釣り専用区”が、先週27日から再オープンしました。
その間の代休日は全て予約をしていましたが、そのうち2回はNG。そして今回、3回目の正直で叶ったのです。
この日をどれだけ待ったことやら・・・
その報われが尺オーバーのイワナを筆頭に、良型の渓魚が次から次へとドライフライに高反応。まるで渓魚たちが挨拶に来てくれているかの様です。
フライサイズを#8へ変更し、大小あるポイントひとつひとつを丁寧に釣り上がります。
蜘蛛の巣に覆われた小さなポイントも見逃しません。蜘蛛の糸にティペットを絡ませるようにキャスト。ある程度蜘蛛の糸を回収してから、ようやくフライを流せるといった作業もこの時期ならでは。
本谷名物の大ヤマメも掛けてみると糸鳴りがする程、いい引きをしてくれました。










e0112722_18374136.jpg
釣欲も解消され、釣果も申し分ないぐらいに楽しめたので腹いっぱい。
13:00以降のフリーフィッシングは行わず、上野村を後にしました~。








e0112722_10505875.jpg
帰宅後、自宅近くの居酒屋へ。飲まず食わずに釣りをしたものですがら、喉はカラッカラ。腹はグーグーです。
キンキンに冷えた生ビールを飲み干した後は、レバ刺しやハツ刺し等の生肉祭り。ことレバ刺しは泣いても笑っても今日が食べ納め。思い残す事がないようにガッツリと頂く予定でしたが、残念な事に牛レバーは早々と売り切れ(泣)。豚レバーはあるというので此方を注文。
牛レバーのマッタリ濃厚な味に対して、豚レバーはコリコリとした食感。酒がグイグイ進みますなぁ。
しかし牛レバーがダメで、豚レバーはOKという定義が理解できません。







e0112722_18375291.jpg
そんな事情にヤマメの目にも涙(?)。
今日から7月。早いもので2012年も折り返しです!
[PR]

by oga179 | 2012-07-01 00:05 | 神流川


<< 水生昆虫のち陸生昆虫      予定では・・・ >>