Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 05日

心のふるさとの渓へ

e0112722_14565861.jpg
先程まで会津の渓へ行っておりました。
この渓では先日まで雪代が残り、ようやく落ち着いた所。しかし山肌に目を向けると残雪が残っているではありませんか!その残雪から放たれるヒンヤリ冷たい風を感じながら渓歩きのスタート。目指すは昨年バラシた尺上イワナの回収が目的。
そのミッションを果たすべく昨年同様、里見さんも参戦しての釣行となりました。








e0112722_14572814.jpg
釣りを開始して2時間近く、全くもって渓魚の反応がありません。
水面の様子を見ても、ほとんど虫が出ていない状況にシビレを切らした里見さん、ニンフに変えてフライを流してみると直ぐに生体反応あり。
しかしながら、そう長続きもせずに時間だけが経過して午前中の部は終了。






e0112722_14573951.jpg
ランチはこの地の名物“山都そば”を舌鼓しながら午後の作戦を検討。

「このままでは帰れない!」

溜まりに溜まったフラストレーションを解消すべく、本流を諦め支流へ移動する事に。






e0112722_14574812.jpg
で、やって来たのがご覧の通りの小渓流。
大した期待もぜすに入渓してみると、いきなり立て続けに4匹のヤマメが釣れて一気に期待が大きく膨らみだしたのです。が…、またもやヤッチマイました。
フライを吸い込むように出てきた良型のイワナをスッポ抜け。先週の上野村でもやってしまった同じミスに、哀れで情けない自分にガッカリ。これも修行が疎かになっている証ですな(泣)






e0112722_14575817.jpg
そういう事で、この渓で出会えたイワナは20〜24cmぐらいが数匹。
言い訳みたくなってしまいますが、ネイティブなイワナやヤマメに満足はしました。






e0112722_1458892.jpg
そしてこの日の最後は巨大な大堰堤。
大物の期待をしながら様子を伺うと、いきなりライズを発見!
楽勝と思われたこのライズが、かな〜りセレクティブ。このライズに里見さん、すっかりのめり込んじゃいました!






e0112722_14581853.jpg
あれやこれやと手を替え品を替えを駆使し、見事ライズを取った里見さん。
この1尾で、この日の釣りは幕を閉じたのでありました。
例年ならば今頃がベストな筈でしたが、今年は季節の移り変わりが遅れが出ているようです。
予測ではあと2〜3週間もすれば、渓魚たちも水面を意識してくれるようになるでしょう。
昨年の宿題は次回へ繰り越し。アブが出る前に再チャレンジに行かなくては!!
[PR]

by oga179 | 2012-06-05 16:35 | FlyFishing | Comments(4)
Commented by 西洋毛鉤 at 2012-06-05 17:09 x
私も先日すっぽ抜けしました。

イワナがフライに向かってくるのが見えたので
早合わせになってしまいました。
イワナはどうしても早合わせになってしまいます。

今度釣りに行ったら、グリップを握る手を、左手で押さえながら
釣ってみようと思ってます(マジ)
Commented by 練馬の住人 at 2012-06-07 01:55 x
西洋毛鉤さん こんばんは~
判ってはいるものの、勝手に手が動いちゃうんですよね~。
更なる忍耐精神を鍛える気持ちで、次回の釣行では課題にして挑みたいと思ってます!
ちなみに抑える左手が右手煽らないように、御注意下さいませ(笑)
Commented by boodoodeedee at 2012-06-23 09:50
こんにちは。
 
 里見さんとの釣行は、羨ましい限りです。
 DVDを、穴が開く程(昭和風?)見たせいか、自分の場合、頭の中では、アイドル同然だったりします。
 
 魚の反応が思うようじゃないと、ティペットが切れる前に、緊張の糸が切れちゃいます。
 そんな時に限って、イワナが”ぬ~”と顔を出すのが常でして、山奥の溪で懊悩とする姿が目に浮かぶようです。
 全てを釣りきるよりも、どこか不完全な釣りの方が、数段面白いと思います。
 
 神流川に通う方達は、写真撮影が上手で、いつも参考にしております。
Commented by 練馬の住人 at 2012-06-23 14:48 x
boodoodeedeeさん お久しぶりです!
>イワナが”ぬ~”と顔を出すのが常でして…
今年はボクもソレに結構やられております。リズムがズレているんでしょうかね。
来月は福島で野望用の嵐でして、叶わないかも知れませんが、少しでも時間が出来たら渓へ行きたいと思ってます♩


<< 入梅前のイワナ釣り      「都会に一番近い農村」の冷汁 >>