2012年 05月 02日

最後の一杯

e0112722_1639868.jpg
ボクが好んで通い続けていた立ち食いそば屋“越後そば 北朝霞店”が、先週の土曜日を最後に閉店してしまいました。
ボクがこの地へ引っ越して来た4年前以降、通勤の行き帰りのどちらかに立ち寄っていた店でした。
海藻を混ぜた蕎麦はモチモチとした食感。汁は関東風ですが鰹出汁がいい塩梅。もうこれだけでも美味しく頂けますが、何よりも揚げたての天婦羅もサクサクで美味しかった。
そして蕎麦も然る事ながら店の方と仲良くさせて頂きました。

そんな安くて美味しい越後そばへ、いつもの様に仕事帰りに立ち寄ったある日の事、強面の店主が一層固い表情でボクの耳元で「実は今月いっぱいで閉店するんだよ」と。
あまりにも突然の事で返す言葉が見つからない。「冗談はよしてよ〜!」というのが精一杯でした。
そしてあっという間に営業最終日の28日、最後の1杯の為に北朝霞駅へ向かったのです。





e0112722_16392241.jpg
店に入ると強面の店主が「おっ!いらっしゃい」と満面の笑みで出迎えてくれました。
通常は券売機で購入してから注文となるのですが、ボクの場合は何も言わなくても春菊天蕎麦が出て来ます。よって別な蕎麦を注文する時は予め言っておかないと、春菊天蕎麦が出てきてしまうデメリットもあったりしました(笑)
ラストの1杯は当然ながら、惚れ込んだいつもの春菊天蕎麦。






e0112722_16393373.jpg
待つこと数十秒、セルフサービスのお冷を注いでいると「お待ち!」の声。水・土曜日限定サービスの茹玉子付き。
「本当にこれが最後なんだよな・・・」
想いが強い分、複雑な気持ちで最後の1杯を味わいながら噛み締めたのです。
汁も最後の1滴までも飲み干すと・・・・
「今までありがとう!どうぞお元気で!
店主からそう声を掛けられた途端、瞼が一気に熱くなっちゃって鼻水がジュルジュル。






e0112722_16492657.jpg
そして翌日以降、いつものように越後そばの前を通ると外に掲げられた看板が無くなり、シャッターが降りたままが続いています。
やはり冗談ではなく本当だったか・・・。
[PR]

by oga179 | 2012-05-02 10:40 | 蕎麦


<< 大雨後の楽園      山村の春 >>