2011年 10月 25日

震災さえなければ・・・

e0112722_1185573.jpg
本来この時期になるとカラフルなカラーのフライを大量に巻いたり、タックルのメンテナンスをしながらサーモンフィッシングに思いを馳せる頃なのですが・・・
先週末、福島の避難所に住む友人からメールがありました。
彼の家は現在、警戒区域となっている浪江町。請戸川のサケ釣りをキッカケに親しくさせている友人です。
その友人のメールに添付された写真には、遡上中のサケが沢山納められていました。聞けば一時立ち入りで家に向かった時、ふと川を見たらサケが上っていたから撮ってみたとの事。
何も知らぬまま故郷の川へ帰ってきたサケ。街の変わり果てた姿にサケはどう思うのだろう。
健気なサケが写る写真に心が痛みます。






e0112722_119958.jpg
昨年、木戸川でサケ釣りを終えた後、対岸にある小高い丘に登ってみました。
太平洋も一望できる丘は内陸部も見渡せました。その光景はどこか懐かしく感じたのです。
残念ながらこの丘も川も街も警戒区域内。震災と原発事故のダブルパンチで、行く事も近寄る事も出来ない現実に歯がゆい気分が続いているのも事実。
来週末は1ヶ月ぶりに実家へ。例年なら釣ったサケを手土産にして、チャンチャン焼きパーティーをする。しかし今年はサケではなく高圧洗浄機を持参して除染の作業が控えている。
何んでこんな事になってしまったのだろう・・・
[PR]

by oga179 | 2011-10-25 17:05 | Love TOHOKU | Comments(4)
Commented by 西洋毛鉤 at 2011-10-25 17:17 x
なかなか厳しい現実ですね。
正直、関西にいるとなかなか実感が湧きません。
稀にボランティアに行った人の話なんかを聞くことが
ありますが、それもごくごく希。

除染もピンときません。
やはり効果はあるんでしょうね。

高圧洗浄機なんか使うより、
普通にロッドが振れるようになって欲しいですね。
Commented by 練馬の住人 at 2011-10-25 17:44 x
西洋毛鉤さん こんばんは〜
首都圏でもピンとくる方は少ないと思います。しかし最近になってホットスポット問題が出て来てからはμSvに敏感な親御さんが多く見受けられます。
4月頃に発売されたアエラだったでしょうか。記事の中に都内の汚染状況の表が記載されていたのですが、目を疑うぐらいの高い数値に驚きましたね。
じゃぁどう防護するかって事になっても、どうする事も出来ないのが現実でして、今ではジタバタしても仕方ない!って思う様にしてます。
高圧洗浄ですが、多少なりとも効果はあるようです。しかし機材や水道代は自腹なんですよ〜
Commented by jacamano at 2011-10-26 22:56
まぁ魚達にとっては(汚染という以外に)のんびりと川で過ごせていいのではないかと。汚染した魚なんてって思うのは結局人の都合でしかないのですよねぇ、、、
Commented by 練馬の住人 at 2011-10-28 12:47 x
jacamanoさん こんにちは。
人間が作った原発なのだから、放射能の拡散もくい止める事が出来て当たり前!と、引退したヨレヨレの元総理大臣が発言しましたが、言うのは簡単としか思えません。
そしてjacamanoさんがおっしゃる通り、人が作ったものが自然へ汚染している現実も考え直さなければいけない時でもありますね。


<< Station Noodle      off season >>