2011年 05月 15日

現実を見る

e0112722_2265426.jpg
ここは小名浜港に隣接する“福島臨海鉄道”貨物ターミナル。
2ヶ月前に発生した“東日本大震災”で発生した大津波により、港はもとよりこのターミナルも無残な姿に変わり果てていました。レールは海水を被った影響でしょうか。真っ赤に錆びついてます。そして津波によって流されてきた漂流物が、生々しく残っていたのです。
「壊滅的な被害を受けた港を、自分の目で確かめたい!」
この考えに賛否両論あるかも知れませんが、とにかく気持ちが前進していて自分でも抑止出来ないぐらい強い気持ちでした。
帰省先の実家で地震によるダメージを受けた室内を持参した部材を使い補修。作業を終え、いわき市を目指して磐越道を使って現地へ向かったのです。



e0112722_10481768.jpg




e0112722_9532763.jpg
実家を出発して1時間もかからないぐらいで現地着。道中、高速道路や一般道など、道という道は地震によって凸凹。迂闊にも車を飛ばそうものならジェットコースターに乗っているような感覚になりますし、ハンドルも取られ易いので危険です。実家へ向かう際に東北道を利用しましたが、白河を過ぎると同じように凸凹してますので、これから東北方面に行かれる方は御注意を。
漁港に着くなり目についたのは津波によって陸揚げされてしまった漁船の数々。
震災直後の港周辺の陸地に、もっと沢山の漁船があったそうです。港の片隅に仮置きされた漁船を見ると、船底や船尾が津波の威力によって簡単に破壊されてました。それは漁船ばかりではありません。自動車や大型トラック、そして市場などの建物までもが脅威的パワーで無残な姿に。何と表現すればいいのか言葉が思い付きません。







e0112722_1049171.jpg




e0112722_10484825.jpg




e0112722_2271897.jpg
市場周辺はゴミ数々・・・。
船員さんや市場関係者の物と思われる物品が道路沿いに集められ、収集を待ちます。
港で会った地元の方によると、これらのゴミは分別された後に収集されるとの事。てっきり一括で収集されるものと思ってました。








e0112722_10493269.jpg





e0112722_2275848.jpg
肉眼で事実を見続ける。とにかくやり切れない気持ちでいっぱいになってきて自然に目頭が熱くなってきます。
見るも無残な港町を歩いていると、小さな看板が目に止まりました。
その看板は手書きですが、人が生きているんだという証に見えて、急に嬉しくなってきたのです。




e0112722_1421142.jpg
いざ入ってみると御洒落なカフェでした。
窓際の席に座ると「コーヒーのみですが・・・」と。カウンター越しに女性の店主が。
ええ、コーヒーを下さいと言うと、「紙コップでいいですか?」と。
ぜ~んぜん問題ありませんよ~。美味しければ!と、言い返すと笑顔で「バナナか茹タマゴが付きますが、どちらにしますか?」と。
200円という破格の値段。コーヒーだけで十分なのに・・・
コーヒーを飲みながら震災当日や、その後の事など色々と聞かせていただきました。
津波が押し寄せる緊迫した話は、聞いているだけでも鳥肌モノ。そんな貴重な話を聞いていると時間はあっという間に過ぎていたのです。
「実は今日から店の再開なんですよ!」
帰り際にそう言われた店主の言葉。少しずつだけど確実に復興が始まっているんだと実感した瞬間。
本当はこちらがエールを送らなければいけない立場だというのに、逆にエールを送られてしまった。
「また来ますね!」と言って、店を出る。
実家へ戻る道中、妙に鼻水が止まらなかった。

遅ればせながらボクからエールを・・・・


皆でがんばっぺ!
[PR]

by oga179 | 2011-05-15 10:51 | Love TOHOKU


<< 山津波      癒しの地 >>