Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 10日

桜咲く中で

e0112722_21481212.jpg
ゴールデンウィーク後半、10数年ぶりに休暇を取って故郷に帰省して来ました。
震災後初の里帰り。かなり遅めの帰省となってしまい面目もない気持ちでいっぱいでしたが、実家に着くと両親が笑顔で迎えてくれた事に救われたものです。
1時間ぐらい居間で茶を飲みながら両親の近況を聞いていた時、母の一言が何とも嬉しかった。
「釣り道具、持ってきたんでしょ。だったら今から行って来なさいよ!」
ソワソワしていたのがバレたようです。
せっかくですから御言葉に甘えて車に乗り、向かったのは南会津の渓。
ポイントに着くと見頃を終えたばかりのサクラがマイナス8〜9分咲き。今年はこちら福島も春の訪れが遅れ気味だったそうです。個人的には今年2度目のお花見。今回は酒ではなくロッドを手に渓を歩いてみました。




e0112722_21483395.jpg
しかし渓は雪代で釣りが厳しい状態。本流を諦めて支流を釣り歩こうとするも、どの支流も釣り人でいっぱいです。
最後の砦、ボクがフライで初めてイワナを釣ったポイントへ向かう事にしたのですが…







e0112722_21485251.jpg
いざポイントへ着くと目を疑う光景が。何と渓沿いの山が崩落しているではありませんか!







e0112722_2149377.jpg
震災後に続いた余震が原因の模様です。
幸いな事に釣り人が巻き込まれた事はなかったようですから安堵しましたが、崩落当日この下でロッドを振っていたらと想像するだけでも身震いが止まりません。
この状況では釣りは危険と判断し、渓を後にする事にしました。命あってこその遊びが出来るのですから…
[PR]

by oga179 | 2011-05-10 21:53 | Love TOHOKU | Comments(4)
Commented by fiat_lux at 2011-05-10 22:28
いろいろな想いの巡る帰省だったようですね。
崩落に巻き込まれなくて何よりでしたが・・・
Commented by 練馬の住人 at 2011-05-12 13:19 x
fiat_luxさん こんにちは。
震災後、故郷をテレビを通して状況を見ていましたが、実際に行ってみると報じられない事実が沢山。
色々と考えさせられた帰省となりました。
Commented by boodoodeedee at 2011-05-13 10:18
こんにちは。
この崖崩れは、R118沿いのですか? そこであれば、わたくしも、5/1に見たのですが、改めて、渓流って、油断ならない場所だと思った次第です。
「釣り道具・・・行って来なさいよ。」これって、ホンと母親らしい一言だと思います。
幼少の頃から釣りをしているのを見ている母親の気持ちが伝わってきます。
県南の溪へは、年に数回は訪れます。場荒れが進むと、釣れないことが多いのですが、景観が好きです。 家並みといい、山並みといい、海沿いの溪とは、趣が違います。
今年は、毎年通っていた、海沿いの溪へは行けなくなったので、比較的近い会津の溪に行こうと思ってます。 もしかすると、お会いすることがあるかもしれませんね。
Commented by 練馬の住人 at 2011-05-15 09:47 x
boodoodeedeeさん お久しぶりです。
御察しのとおり、そこでございます。
あの辺りはボクがフライフィッシングを初めて通っていた渓でして、今でも帰省すると気になる川なんですよ。
以前と比べれば魚影は少なくなりましたが、たまに想定外が事もあったりとして通い続けてます。
今年は実家へ帰省する事が増えそうですので、渓でお会い出来るかも知れませんね。その時を楽しみにしてまーす!


<< 癒しの地      目が回る〜 >>