2011年 03月 21日

twitter

e0112722_212209.jpg
この大震災で宮古に住む親戚が行方不明でした。
身内の中では諦めムードも漂う中、事態は急展開。親戚一家全員は避難所に居る事が判明。
未だ電話連絡もままならない現地。行政による安否確認も把握しきれていない状況下で生存確認が出来ました。
その方法とはソーシャルネットワーキングサービスのひとつ“twitter”。
宮古の親戚がtwitterを楽しんでいた事を聞き、都内在住の親戚一同でネットサーフィンンで検索。甥っ子が探し出したのです。
とかく今回の震災では携帯も固定電話も駄目。災害時には強いと豪語していた携帯メールも繋がりません。そんな中でtwitterなどのSNSが活躍したと聞いてはいましたが、我が身内もSNSで安否がわかった事に感謝でいっぱい。
それまで興味が無かったtwitterですが、ボクも少しやってみようかな?なんて思った次第です。
とりあえず・・・

職場なう。


なんちゃってね。
[PR]

by oga179 | 2011-03-21 08:59 | etc...


<< Standard      苦悩 >>