Metropolitan FlyFishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 19日

真冬の森

e0112722_12472834.jpg
山上湖の桟橋には無数の氷柱がズラリ。その光景たるや圧巻。
少しでも近くで見ようと進むも、桟橋上は日々積もった雪で半端なく歩くのが困難。
調子こいて進むと、雪で隠れた凍結路に足を取られてスッテンころりん。
何度、尻モチをついた事やら・・・

さぁ、これより湖畔脇に広がる厳冬期の森へLest GO!!



e0112722_1247421.jpg
スノトレシューズにカンジキを結んで森に入ります。
雪に包まれた森には人が入った痕跡はありません。あるのは雪面上を歩いた鳥やウサギの足跡。
その足跡を消すように、一歩一歩ぜいぜい言いながら進みます。







e0112722_12475332.jpg
松の木の下に差し掛かると、雪面には強風で落とされたかと思われる松ぼっくりが点々と。
手袋を脱いで触ってみる。カッチカチに凍っていた。







e0112722_132087.jpg
歩きだして小一時間。思い出がある池に到着。中学時代の夏休み、友人と釣りに来た池だ。
当たり前だけど池は完全結氷でカチカチ。
ライズの嵐だったんだよなぁ。夢中になってロッドを振ったけど、振る度に草木にフライを引っ掛けまくり。仕舞にはリーダーまでクチャクチャになってTHE END。
まだライズ天国は健在なんだろうか?







e0112722_1343880.jpg
秘密の池を後に、再び歩き出す。
しばらくすると目の前が広がって来たと同時に雪雲が切れ、晴れ間が見えてきた。
山上湖に流れ出す小さな川の河口には、オオハクチョウとコハクチョウが優雅に泳いでいた。
夏は多くの観光客で賑わう湖畔。真冬の湖畔は人の影や声はなく、変わりに白鳥たちの泣き声で賑やかだった。

久しぶりの雪上歩行。楽しかったけど、翌日には強烈な筋肉痛が襲ってきた。
サロメチールの御世話になりながら痛みをこらえる。
痛っ!
[PR]

by oga179 | 2011-01-19 02:20 | Nature | Comments(2)
Commented by heboheboy at 2011-01-19 12:08 x
会津もいいところがたくさんありますね!確かここの白鳥を撮っている有名なおばちゃんと同時期に写真展をやって知り合いになって、撮影においでと言われていたんだけど、一度も行ってません。おばちゃんだったから、というわけじゃないんだけどね…(笑)なんかいい写真が撮れそうな場所ですね!!
                              要
Commented by 練馬の住人 at 2011-01-20 18:38 x
要さん こんばんは。
正確に言えば会津ではなく郡山です。とは行っても数キロ先は会津になりますけどね(苦笑)
向こうに住んでいた時には目にも触れなかった光景ですが、いざ上京してみてから故郷の自然の素晴らしさを思うようになった事は事実です。
田舎に住む学生時代の友人を誘っても、「クソ寒いからいがね!」って言われて断られるんですけどね。


<< 紅梅の下      都下の大衆食堂 >>