2010年 05月 28日

Match The Eat

e0112722_12234613.jpg
本谷産まれ、本谷育ちの尺イワナです。
一昨日の“本谷毛ばり釣り専用区”釣行時に釣れたこのイワナですが、魚体がとても綺麗。
とりわけオレンジ色の斑点が目立ち、思わず撮影中にウットリするほど見とれてしまいました。



e0112722_12334125.jpg
明け方過ぎに上野村へ向かう途中、お腹が空いたのでマクドナルドへ。
朝からヘビーなメガマフィンを食い付きながら変わりゆく空模様を眺めます。
前日の天気予報では雨。それも大雨になるとかで、前日段階では釣りに行くのを止めようと思っていたのです。ところが翌日の丑三つ時過ぎに何故か目が覚めてしまい、時間を持て余すように深夜のテレビを見ていました。しかしどのチャンネルに回しても番組がつまらない。
データ放送に切り替え、天気予報を見ると前日には傘マークだったのが曇りマークに変わっているではありませんか。
「おっ!これなら渓へ行ってみるか!」と、急いで準備を済ませて関越道を突っ走って来たのですが、道中の所々では激しい雨が降っていて、朝マックしながら行くか行かないを考えていたのです。




e0112722_1302345.jpg
「もしかすると上野村では雨が上がっているかも知れない…」
淡い期待をしながら上野村へ向かいましたが、やっぱりここでも雨が降っていました。
ここまで来たのなら釣りをしないで帰るのはもったいないもの。腹を決めて本谷へ向かいます。
ところが管理棟前に着き、車から降りると雨が止んだのです。しかし空を見ると、依然として何時降り出してもおかしくない雲行きです。
渓へ降りると雨の影響でしょうか。ひんやりと言うより肌寒い感じがします。
水生昆虫の羽化も少ない量となっていましたが、モンカゲロウの羽化がスローな感じでハッチしている事を確認が出来ます。
5Xのティペットの先にモンカゲを模したパラシュートパターンにしたフライ、“モンパラ”の#11を結んで尺上イワナが潜んでいそうなポイントを隈無く攻めて行きます。すると…



e0112722_13162963.jpg
31〜2cmのイワナがフワリと浮上して来てフライを吸い込みました。
フライがイワナの口の中へ入り、閉じたのを確認してからシャープなアワセを入れます。
ロッド越しに伝わる尺イワナ特有の振動が何度味わっても飽きが来ない気持ち良さがタマリませ〜ん♪



e0112722_1322647.jpg
撮影後、尺イワナのストマック調査をして見る事にしました。
「きっとモンカゲを中心とした補食では?」と思いつつ、ポンプから吸い出された内容物は見事に大ハズレ!!
何と巨大なクロカワムシのオンパレード。話が逸れますが、信州・伊那地方では昔から貴重なタンパク源としてクロカワムシを食べる習慣があります。地元では“ザザムシ”と呼ばれ、高級食材として売られています。
以前、伊那に住む友人の結婚式に出席した際、披露宴で大盛りに盛られたザザムシの佃煮に強烈な印象ととして今だ鮮明な記憶として残ってます。確かその横には蜂の子盛りもあったような…(苦笑)

ニンフボックスを覗くと幸いな事に数本ありました。多分10年ぐらい前、TMC400Tという変形フックに巻いた#10のクロカワニンフを結び直し、ニンフで攻めて見ます。
すると開始早々、強いアタリが!! 



e0112722_13373436.jpg
釣れたのはイワナではなく尺ヤマメでしたが、強い赤見を帯びて斑点が異様に多い独特とした個体は、この渓どころかボク自身初めて見る姿です。
以後もクロカワニンフが炸裂! もう十分って言う程、たくさんの渓魚と出会う事が出来ました。





e0112722_13472196.jpg
13:00を過ぎると雨脚が強くなって来ましたので、今日はこれにて納竿。
帰り際、上野村ふれあい館に寄ると1枚のポスターに目が行きました。
今回の釣行では天候悪化で行く事を躊躇していましたが、結果的に来て良かったと感じた一日となったのです。
「グンマの休日」に感謝!(笑)
[PR]

by oga179 | 2010-05-28 14:05 | 神流川 | Comments(4)
Commented by ken2 at 2010-05-28 14:13 x
こんにちは。本谷の魚を見ていると何時間も掛けて東北などに遠征がむなしくなるのは自分だけでしょうか。でも行っちゃうんですよね遠征に。本谷最高~!
Commented by inax at 2010-05-28 17:26 x
練馬ちゃん!

毎度でーす。

絶好調な本谷に当ったようですね。
そういえば、今年はまだ一回も行ってませんでしたぁ。

黒川のニンフ…良いっすね!
ヒジョーにソソられます(笑)

Commented by 練馬の住人 at 2010-05-29 05:29 x
ken2さん おはようございます。
どんなに美しい渓に出向いても渓魚が居なくては釣りが成立しません。
いかに渓魚たちが居付き、育ってゆく環境が大切なのかを本谷が教えてくれるような気がします。

Commented by 練馬の住人 at 2010-05-29 05:33 x
inaちゃん おはようございまーす。
盛期の本谷でドライフライで楽しめる中でも、実際にストマックを見てみたらザザムシが沢山出てきてビックリでした。
ドライフライ同様、ニンフもビックサイズで済むのが楽しいものですよ~!


<< 水無月      東村山・黒焼き蕎麦 >>