Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 21日

多摩川のビーフシチュー

e0112722_21474580.jpg
久しぶりに天気も良く暖かい一日でした。
夕焼けが美しい多摩川沿いにある某所では、先を争う複数のモーターボートが熱いバトルを繰り広げられていました。
何故に此処に?

すべては「美味いビーフシチューを食べさせてやる!」と、知人からの誘い言葉に迷う事もなく、「楽しみにしています!」と即答したのがはじまりでした。
夜勤を終え、待ち合わせの場所へ向かう。電車の中では心地よい揺れと振動が、一睡もしていない身体に一層睡魔を促してくれます。よって着席と同時に爆睡モードへ突入です。
気が付くとすでに待ち合わせの府中本町駅に到着していました。
そこで知人の方々と合流。駅からは無料バスに乗り換え、目指すは激ウマ“ビーフシチュー”の店へ。
10分程で着いたのは多摩川競艇場。
場内にあるレストランで、おすすめのビーフシチューがあるというのです!
個人的に多摩川競艇場は懐かしい場所なのです。学生時代に住んでいたのは競艇場から近い所にあったドミトリー。よく仲間とこの辺をウロウロしていたものでした
その後、社会人になってから5年を過ぎた頃に会社を辞め、フリーになった時がありました。
こちらはその時、場内外放送の仕事を頂いた事もありましたので、あまりの懐かしさに、当時を思い出しながらアチラ此方をキョロキョロしてしまった程でした。




e0112722_21483254.jpg
そんなこんなで時間は12時を回っていました。
本日のメインイベントのビーフシチューと御対面する時がやって参りました!!!!そこは競艇場内にあるレストラン“緑水亭”。
待つ事数分、ウエイトレスの“おまたせしました~”の声とともに運ばれてきたのは、待ちに待ったビーフシチュー御膳。大ぶりの肉と野菜がゴロゴロと入っていて食べ応え十分な量なのに、大盛りライスにサラダまで付いてボリュームあり過ぎ!
しかし!!この至福の時を迎えるべく夜勤中は1食だけにしておきましたので、超腹ぺこです。よって、まったくもって問題なし♪
とろとろのお肉が、口の中で溶けるように消えてしまうほど柔らかい。ジャガイモやニンジンもホコホコで美味しかったこと。
無論、ルーはライスにかけて残さずに美味しくいただきました(笑)





e0112722_2149193.jpg
お腹も満たされ満足感漂う昼下がり、陽が燦々と降り注ぐテラスへ移動して仮眠でもと思いましたが、どうにもこうにもエンジン音が気になるばかり・・・
せっかく来たのですから500円分だけ楽しませてもらいましょう。実に3年ぶりのギャンブルでした。
結果は8レース中、4レースが的中!ビギナーズラックっていうものでしょうか?
しかしこれで調子に乗ってしまいますと、人生痛い目になりそうなのが何となくわかる気もしました。
幸い来週は渓流が解禁ですから、気持ちの入れ替えもできるというものです。
[PR]

by oga179 | 2010-02-21 21:59 | 美味しいもの | Comments(4)
Commented by mi-stream at 2010-02-21 22:39 x
こんばんは〜
夜勤おつかれさまでした!
ひょっとして先日の○○さんのお誘いですか(笑)
すごく美味しそうなビーフシチューですね〜
それから1枚目の光芒ショット、いいです!!
来週はいよいよ解禁ですね〜
Commented by 練馬の住人 at 2010-02-22 03:17 x
mi-streamさん こんばんは。
またまた今宵も夜勤というありさまです。


>○○さんのお誘いですか
ハイ!御察しの通りです(苦笑) 皆さんが「また来てね~!」って、言っておりましたよん。
Commented by Kaz-Man at 2010-02-22 21:08 x
こんばんは。我が家のすぐ近くまで来ていたんですね。
ギャンブルには無縁でお船やお馬がたくさんの場所が徒歩圏内ながら、
まだその場所に一度も足を踏み入れたことはありません。
でも、こんな美味しそうなシチューがあるなら行ってみようかな。
Commented by 練馬の住人 at 2010-02-23 17:42 x
Kaz-Manさん ちょっと御無沙汰しておりました。
是政通りを通過中、そういえばKaz-Manさんがこの辺りにお住まいなんだなぁ〜って、思っておりました。
自分も府中に住む時には「絶対にギャンブルだけはしない!」と、誓った筈でしたが…土地柄なのか、周りから影響を得てしまいました。
まぁ、元市民としての税収UPに貢献出来たと言う事で(苦笑)
競馬場や競艇場はB級グルメの穴場ですよん!是非、機会がありましたら行かれて見て下さいませ。


<< 地産池消      解禁日までの準備 >>