Metropolitan Fishing Life

kannafly.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 14日

これからの釣り場作りの為に…

e0112722_12343378.jpg
先週末、上野村に栃木県の漁協さんが漁場視察の為にいらっしゃいました。
その漁協は川治温泉内を流れる男鹿川C&R区間を運営されています“おじか・きぬ漁業協同組合”の組合長さんと、川治支部の皆さんです。
今回、微力ではございましたが案内人としてその役目を果たさせていただきました。
到着早々から釣り場作りの為に、両組合長が熱く語られていたのには共感を持てました。内容について詳しい事を書く事は控えさせていただきますが渓魚が住み易い環境作りを目指し、美しい魚体のヤマメやイワナを増やしていく為にC&R以外、どんな事をしてゆけばいいのかなど数時間に及ぶディスカッションでありました。




e0112722_1235756.jpg
その後は“本谷毛ばり釣り専用区”へ移動し、全区間の視察を行いました。
上野村漁協から「お前が説明しなさい!」という事で、ガイドをさせていただきましたが、渓魚たちが遊泳する姿に加えてライズシーンも各所で見られる事を実際に肉眼で見て頂いたのですが、皆さんの目を見ますとキラリとした眼に変貌しておりました。


e0112722_12354343.jpg
それもその筈です!皆さんフライフィッシャーなのでした。
あれだけ見てしまいますとロッドを持たずにいられないのは当然です(笑)という事で、短い時間ではありましたが実際に釣りをしていただきながら渓の視察をしていただきました。
幸い、全員に釣果があった事は安堵しました。管理棟前では各自の感想を持参したデジカメに映し出された画像を見せ合いながら話す顔は素敵な笑顔が印象的でございました。



e0112722_12362862.jpg
その夜、お互いの漁協の面々が集まり、お酒を酌み交わしながら延々熱く語りあってお開きとなりました。
一釣り人として思うのは、卓上の理論で終わらせないで実行に移す姿勢がある漁協の渓は釣りをしていてとても気もちいいもの。そんな漁協にはエールを送りたくなってしまいます。
これからの神流川や男鹿川の動向が楽しみです。




e0112722_1237454.jpgそう言えば宴の席にて初めて呑んだお酒がありました。
なんと焼酎をビールで割って呑む『上野ハイ』。ホッピーとはまた違う味で驚きましたが、いかんせん強力なのが特徴で危険なお酒でございました。(苦笑)
[PR]

by oga179 | 2009-06-14 12:38 | 神流川 | Comments(4)
Commented by tomato-ma at 2009-06-14 17:22
こんにちは~
こうした漁協の方々の努力で楽しい釣り場が維持されてる事を思うと、
本当に頭が下がる思いです。
そのおかげで、こちらも楽しい釣りが出来るんですもんね♪ 
Commented by jacamano at 2009-06-14 18:24
金曜のお昼頃にふれあい館で釣り券を買う際、「この車ひょっとして」と思ったらやっぱりいらっしゃってたんですね。
釣果の方は、、、厳しかったです(笑)
Commented by 練馬の住人 at 2009-06-15 15:57 x
tomato-maさん こんにちは。
全国には沢山の内水面漁協が存在しますが、ビジョンを描き、それに一歩でも近づけられるように頑張っている漁協は僅かしかないのがが現状です。
次世代を見据えて活動を行っている漁協管轄の渓へ、自然と足が向いてしまいます。もっともっと多くの渓で活動が盛んになれば、「昔は川にヤマメやイワナがウジャウジャいたぞ〜」と、良き思い出話の様な事も夢ではないかも知れませんよ。
Commented by 練馬の住人 at 2009-06-15 16:01 x
jacamanoさん  エッ!! うそ!! ニアミスしていたとは…
口があんぐりしています。
ブログ拝見しましたが、C&R境上流の瀬ですがライズはありませんでしたか?今月初旬のイブニングタイムはカディス系のハッチとともに、ライズの雨あられでした。


<< 直飲中!?      まぐろ丼 >>